痴漢冤罪で人生を狂わされた男がその女にした復讐が恐ろしすぎる・・・←いくらなんでもこれはやりすぎだろ、、、

1: ファニーちゃん


11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/31(水) 09:05:27.209 ID:v+bBXWnY0.net

男「お、お断りします!これから仕事ですし第一!」

男「私はやっていません!!」

OL「何言っているの!?あなたやったってこの娘が言っているのよ!」

OL「観念しなさい!この痴漢!」

男「っ!」    

駅員「まぁここでは他のお客様の迷惑にもなりますし、目もありますから事務所行きましょう」

男「」

周り「あの人痴漢…?」

周り「こわ~い」

周り「あぁ言うのがいるから男の肩身が狭いんだよな…」

周り「」スマホパシャ

男「で、でも……」

駅員「やましいことがなければそれを事務所で言えばいいですから、ね?」

男「そ、そうだ名刺…あとでしっかりと……」

OL「ちょっと!あんた逃げる気!?」

男「そんなんじゃない!」

駅員「ほら、ここで話し合っても平行線ですから事務所で頭冷やして話し合いましょうよ」

男「」


1: ファニーちゃん


15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/31(水) 09:12:47.126 ID:v+bBXWnY0.net

事務所

駅員「それじゃ、君は×駅から前の◇駅まで痴漢を……」

女「はい……」

駅員「本当にあの人なのかな?」

女「…た、たぶんそうです……私の体を触っていた人の手を…掴みましたから」

男「っ!だからそれは俺じゃない!何度言えば!!」

女「」ビクッ

駅員「まぁ落ち着いて落ち着いて、女さんはこっちで話しましょうか」

女「はい…」

16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/31(水) 09:16:22.848 ID:v+bBXWnY0.net

駅員B「えっと、君は隣にいた男の人が真犯人だっけ?」

男「はい!この目で見ました!!」

駅員B「う~ん…その人がやったっていう証拠は?」

男「しょ、証拠……」

駅員B「ないの?」

男「は、はい……ですけど、俺は右手でつり革を触って左手で鞄を持っていましたから……!」


1: ファニーちゃん


17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/31(水) 09:17:45.209 ID:v+bBXWnY0.net

駅員C「まぁそれでも触ろうと思えば触れるからねぇ……」

男「っ!だけど俺がやったっていう証拠も……!」

警察「どうもこんにちは~」

男「え……」

駅員B「あぁお疲れ様です」  

19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/31(水) 09:19:36.586 ID:v+bBXWnY0.net

警察「えっと、男さんだっけ?ちょっと署の方に来てお話しきけますかね?」

男「お、お断りします!!」

警察「ですがこのままここにいても駅の人に迷惑がかかりますし……」

警察「やましい事がないなら署で言えばいいですから、ね?」

男「っ!」


次のページで↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>