【賞賛】「何でも好きなものを頼みなよ、支払いは僕がするから」ホームレスの女性に水を提供するのを拒否したお店、それを見た青年のとった行動に賞賛!

1: ファニーちゃん

ホームレスの女性を救った男性
イギリスのウェールズに住んでいるジョナサン・ペンジェリーさんは、友人と一緒にファストフードのお店に行きました。

夜遅い時間だったのですが、店内は長蛇の列が出来るほど賑わっており、ジョナサン達も列に並んで談笑をしながら順番を待っていました。

すると、列の先頭で女性と店員が話している光景があり、様子を見ていると、どうやらホームレスの女性が水を欲しがっているのを店員が拒否している様子でした。

その光景を見たジョナサンさんは、何とも言えないような気持ちになったのだそうです。

水をもらおうとしている女性に対して首を縦に振らない店員、そして店内のお客さんもそんな光景を見ていながらも手を差し伸べようともしませんでした。

そこでジョナサンさんは女性に対して「何でも好きなものを頼みなよ、支払いは僕がするから」と伝えます。

女性はその申し出に感謝し、チーズバーガーを1つだけ注文したのですが、ジョナサンさんは気を遣わなくて良いよと伝え、他の商品も注文してご馳走したのです。

F5262136-9DA5-46A1-A640-CFEE9D65D6D4

その後ジョナサンさんは女性を家へ招いてシャワーや食事を用意してくれて、女性も感激の涙を流しながら感謝の気持ちを伝えました。

ジョナサンさんは一杯の水すらももらえない女性を見て「ホームレスには人権もないのか」と思ったようで、実際に女性に手を差し伸べた時のことを…

「別に僕は最高に良い人というわけじゃないけど、親切にするってそんなにお金はかからないんじゃないかな?
今回なんてたった20ポンド(2500円)くらいさ!きっとこのメッセージを読んだ人の90%ぐらいは1日でその倍の給料をもらってるだろう?」
と語りました。

ホームレスの方は再就職をするのも一苦労で、中には諦めてしまっている方もいるかもしれません。

けれどもジョナサンさんのように慈愛の気持ちで接してもらうと、再びやり直そうと考えるきっかけになるのではないかと思います。

ジョナサンさんのような行動は取れなくても、誰かに対して親切な気持ちで接することで平和な世の中になるのではないかと思います。

この女性に明るい未来がやってくることを心から願いたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>