【驚愕】突然母親の腕に噛み付いた愛犬・・・この行為により母親は命を救われることに!?

Pocket

1: ファニーちゃん

母親に突然噛み付いた飼い犬
カナダで暮らしているデイビス家には、近所の家族から譲ってもらった愛犬「パッチ」も一緒に暮らしています。

パッチは人懐っこい性格で、家族の一員となってからすぐに家族全員と打ち解けることができました。



しかし年月が経つにつれて彼が予想以上に大きく成長していき、小さい家の中でパッチのスペースが取れなくなってきたのです。

その事を受けた両親はパッチを手放そうかと考えるようになりました。



パッチのことを家族会議で話すと、子ども達は「大切な家族と離れ離れになるなんて嫌だ」と猛反対し、両親もそれを聞き入れて、この話は一時保留にすることにしました。

そして数日後にまた話し合いをしようということになったのです。

しかしこの後、まさかな出来事が起こり、パッチと家族の運命が大きく変わりました。

■パッチは家族に危険を知らせようとした!

話し合いをしてから数日後、1人で自宅にいた母親のノラさんはお風呂に入る準備を始めました。

しかしノラさんが入浴した直後、突然パッチが浴室に駆けつけて吠え始めたのです。

元々パッチはお風呂が大嫌いで自分から浴室に近付くことがなかったのですが、ノラさんが出ていくように言っても出ていこうとはしませんでした。

しかもパッチはノラさんの腕に噛み付いてきたのです。

これにはノラさんも最初はビックリしてショックを受けましたが、パッチの様子が何かおかしいと感じたノラさんは、ひとまずお風呂から上がることにしました。

そして浴室のドアの向こう側を見ると、なんと家が火事になっていることがわかったのです。

ノラさんとパッチはすぐに庭へと避難しましたが、その時に駐車した車を見つけ、ノラさんが車のキーを取りに行こうと戻ろうとしました。

しかしそれをパッチが強く阻止し、その直後に大きな爆発音とともに家が崩れていったのです。



この日をきっかけに両親はパッチを手放そうというのを考えなくなりました。

ノラさんにとっても命の恩人となるパッチは、これからも大好きな家族の中で一緒に過ごすことができるようになったのです。

その後家族は大きな家に引越しをして、パッチが遊び回れるようなスペースを十分に確保することにしました。

パッチが遊び回れるような場所が確保出来ないことから、一時は手放そうと考えられていたパッチ…。

ですがパッチは家族のことを大切に思っていて、結果的にノラさんの命を救ってくれました。

パッチがこれからも優しい家族と一緒に幸せに暮らしていくことを願います。


Leave a Reply

Your email address will not be published.