【賞賛】1日で2万匹の保護動物を里親さんに!アメリカで行われた動物愛護キャンペーンが凄い!日本は遅れすぎ・・・!

1: ファニーちゃん

アメリカで行われた動物愛護キャンペーン
ある夏の日のこと、アメリカにある700ヶ所近くのシェルターが一丸となって、ある目標のために大きな取り組みが行われました。

その目標は「できるだけ多くの動物に新しい飼い主さんを見付けてあげること」でした。

アメリカのテキサス州にあるシェルターがこの取り組みに先駆けて、シェルターにいる300匹の犬や猫に飼い主さんを見付けることにしました。

そしてこの取り組みは、アメリカのテレビ局NBCとTelemundoが主催者となって『Clear The Shelters(CTS)』と名付けられて活動をすることになりました。

そして先駆けて活動をしていたテキサス州の「フォート・ワース・アニマル・シェルター」は、310匹の動物達に里親が決まり、全ての檻が空になったという結果となりました。



シェルターにいた動物達はそれぞれ幸せな生活を手に入れましたが、その中でも印象的だったのが、ピットブルのジェーンでした。

ジェーンは、迷い犬としてフォート・ワース・アニマル・シェルターに保護されました。

ジェーンはとても恥ずかしがり屋で自分から人間に近付くこともなく、シェルターの職員が抱き上げないと檻から離れようともしなかったのです。

それでも少しずつシェルターの職員と信頼関係を築いたジェーンでしたが、今度はずっと職員にベッタリになりすぎたことで、新しい里親さんからも敬遠されてしまったのです。

■世界中に広まってほしい動物愛護キャンペーン



そんなジェーンは、ある日行われた譲渡会で新しい里親さんと出会いました。

しかしそれから1ヶ月後…なんとジェーンはシェルターに戻って来てしまいました。

その理由は「ジェーンを飼ってからアレルギー症状が出てきてしまった」というものでした。

しかし幸運にも今回行われたCTSでとある女性と出会い、その女性の元へ無事に引き取られていくことになりました。



今回行われたCTSによってアメリカにいる約2万匹の動物達に里親が見つかりました。

フォート・ワース・アニマル・シェルターでは、今までは1日に平均20匹ほどが里親さんと出会って引き取られていましたが、CTSによって300匹以上引き取られたというのは相当すごいことだと改めてわかります。

現在、インターネットやSNSを利用して情報共有をしていけば、CTSのようなイベントは小さくても開催することができ、アメリカだけではなく世界中でも行うことができます。

この取り組みを見ると、日本はまだまだ保護動物への対応が遅れているのかなと感じさせられます。

CTSのような取り組みが日本でも行われることを願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>