【驚愕】世界最強の軍団スパルタ軍が幼少の頃から行ってきた、厳しすぎる軍事教育10例

Pocket

1: ファニーちゃん


弱い赤ちゃんは放置されて死ぬ



子供が生まれると、父親はその子を町の長老たちの元に連れていきます。

長老は赤ちゃんを身体検査し、虚弱であったり、異常があったりすれば、父親にアポテタイ(Apothetae)という穴に入れるよう命じます。

そこに入れられた子はそのまま飢え死にすることになるのです。

検査をパスしたとしても、その子が生きられる保証はありません。

自宅に連れ帰られた子は母親によってワインで体を洗われます。

これは古代のてんかん検査。

これによって発作が生じれば、やはり育てられることはなかったのです。



7歳から兵舎で暮らす



母が我が子と一緒に過ごせる時間は短かったようです。

7歳になった男の子はスパルタ教育(agoge)を受けるべく、親元を離れて少年監督官(warden)という教師から学ぶようになるのです。


7歳から兵舎で暮らすは、次のページで↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.