幼馴染「私余命二ヶ月しかないの。だから私の事好きにして」←男が取った衝撃の行動とは!?

1: ファニーちゃん


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:25:43.93 ID:yOOYeIydO

やはり席は1番後ろか。

あいつは1番前の隅だった。

男友「あの子…うちの学校にいたっけ?可愛い子はすぐチェックしてるんだが…」

お前のチェック精度は舐めたモンじゃないが、「あの子」は転校生だ、無理もない。

女友「あの子多分転校生だよねー…。なんか怖いなぁ…雰囲気が」

聞いてたのか

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:29:24.18 ID:yOOYeIydO

男友「話しかけてこいよ!お前が友達第1号だ」

女友「えぇ~」

男友「帰りにタコ焼きおごってやるよ」

女友「イェッサー!」

小柄な女友が幼馴染の席に走っていく。机の上に乗り出し、気さくそうに話しかけている。

あいつの昨日のようすじゃ、突っ返されるのがオチ…

女友「そんなわけで、よろしくぅッ!」

幼馴染「うんっ!よろしくねっ」

あ…あれ…?

そこには昔のあいつがいた

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:35:52.96 ID:yOOYeIydO

先生からの紹介により、幼馴染は自己紹介した。うん、普通に明るい。友達もたくさんできるだろう。じゃ、昨日なんで…。

放課後

男「おう、一緒に帰るか?アパート隣だし」

幼馴染「いい。一人でかえる」

男「はぁ…俺…お前に嫌われちゃったのかなぁ…」

幼馴染「…」

しまった、つい口をついて!

あいつは廊下に鞄を持って飛び出し、帰ってこなかった。

男友「おやおや、あの子となんか関係あんのか?」

男「べ…別に…」

女友「タコ焼き~~」

男友「わかったって!こら、引っ張るな!」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:40:36.50 ID:yOOYeIydO

アパート

一応謝ったほうがいいのか…
コンコンとドアを叩く

男「…いる?」

カギ…かかってないし…

男「は、入るぞ」

幼馴染「入らないで!!!」

ビックリしたね。イヤーたまげた。だって怒声がいきなりさぁ

男「あ、あのさ、今日、何か悪いこと言ったみたいで…ごめん」

幼馴染「…」
幼馴染「わかったから、さっさと部屋に戻って」

絶対許してもらってないな。ったくもう…。

自分の部屋に入ると、隣からすすり泣くような声がきこえた

これはマズイ


次のページで↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>