【驚愕】小学生がバレンタイデーの日に先生から「チョコを持っている人は残って」と言われ、そして・・・

Pocket

1: ファニーちゃん

バレンタインデーの日にチョコレートを小学校に持ってきたら… a
先月バレンタインデーがありましたが、皆さんは小学生の頃のバレンタインデーはどのように過ごしていましたか?

基本的にチョコレートを持ってきてはいけないという規則があっても、こっそり持って行っていた方も多いのではないかと思います。

今回Twitterユーザーのheroin (@_h_e_r_o_i_n_)さんが小学生だったときのバレンタインデーの思い出が話題となりました。

heroinさんの小学校もまたチョコレートを持ってきてはいけない決まりだったのですが、バレないだろうと思ってこっそり持っていくことにしました。

しかし先生が持ち物検査を抜き打ちで行ってしまい、クラスの皆に【チョコを持ってきた人だけ教室に残りなさい】と告げます。

「これは怒られて没収される…」と思ったheroinさんですが、その直後先生は驚きの言葉をかけます。



校則で禁止されているとはわかっていても、やはり年に一回の思い出を台無しにしたくなかったのでしょう。

この先生の対応にネットの人からは

「きっとその先生は正直に名乗り出るという大切さも教えてくれたんだね」

「なんかその先生の机にチョコを入れたくなりました!」

「素敵な先生!私なんてチョコ没収されたことあるよ…」


と賞賛の声が寄せられました。

コメントにもありましたが、きっとこれは正直に申し出ることの重要性を教えていたのかなと思います。

先生の素敵な教育に心が温まりますね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.