【驚愕】ヤマザキ春のパン祭り!いつも色々な企画で楽しい裏には悲惨な実情がはびこっていた!

1: ファニーちゃん

ヤマザキ春のパンまつりは小売業者にとっては憂鬱…その理由とは? a
小売業の仕事をしているTwitterユーザーのayadog (@aya_ayadog)さんは、毎年やってくる「ヤマザキ春のパン祭り」のシーズンが来ると憂鬱になってしまうのだそうです。

その理由はとても悲しいものでした。



なんとお客さんの中には、包装を傷つけながらシールを盗もうとする悪質な客が毎年現れるのだそうです。

本当に許せないことですよね。さらに…



包装が破られることで、自然とそのパンは廃棄されてしまうため、本当に心が痛むことなのです。

このツイートを見た人達からは…

「え…シールを盗むなんていう不届き者がこの世に存在しているなんて…」

「これは小売業界あるあるです…ヤマザキ春のパンまつりだけではなく他のキャンペーンシールもやられます」

「こんな犯罪まがいのことでお皿手に入れて本当に嬉しいのかしら」


と呆れや怒りの声が多数寄せられていました。

シールなら盗んだって罪には問われない!と思うかもしれませんが、その行為は窃盗そのものです。

そんなことをする人がいなくなることを願いたいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>