【驚愕】「AEDなんか使うな‼︎そんなの点滴すれば治るでしょ⁉︎すぐ剥がして‼︎」ベテラン看護師からかけられた言葉に思わず絶句…

Pocket

1: ファニーちゃん

AEDは何のために使うのか
医学の進歩によって年々人間の寿命は伸び続けており、咄嗟に救護が必要な人が出てきても周りの人が対応することができるようになってきています。

その中でも代表的な応急処置の道具といえば「AED」ですよね。

講習を受ければ誰でも使うことができるAEDですが、今回これについてTwitterである投稿が話題となりました。

それはいざという時にはぜひ知ってほしい知識となっていました。









この水玉みよこさんは看護師として働いていたそうで、アルコール中毒と思われる人の状態を調べようとAEDを使おうとしたらベテラン看護師に注意されたのだそうです。

実は意外と勘違いされがちなのですが、AEDは貼ったからといってすぐに電気が流されるというわけではなく、AEDもしっかりと傷病者の心臓をチェックしたうえで電気ショックが必要かを判断してくれます。

今回、通りすがった看護師さんはこの事を知らなかったと思われます。

医学に携わる人でもちゃんとした使い方が認知されていないため、水玉ひよこさんは改めて「一刻を争う状況ならまずはAEDを使ってほしい」と呼びかけました。

ぜひ皆さんは周りの人たちに拡散をして、AEDの正しい使い方を広めていっていただけると幸いです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.