【賞賛】「引きとる犬を選ぶことができない…」最悪な環境で保護されていた保護犬250匹を全て引き取った女性に賞賛の声が相次いだ!

Pocket

1: ファニーちゃん

最悪な環境の中で保護されていた保護犬
現在カナダに住んでいるダニエル・エデンさんは、イスラエルにある動物保護施設を訪れました。

しかしその保護施設の環境は劣悪で、皮膚病やノミまみれの保護犬250匹がぎゅうぎゅうに詰められた状態で保護されており、辺りにはネズミが走り回っていたり、ネズミの死骸まであるという状況でした。

また保護犬たちは十分に餌をもらっていなかったようで、餌の時間になると犬同士で奪い合うような様子が見られ、とても可愛がられているようには見えない最悪な場所でした。

その姿を見たダニエルさんは、苦しんでいる犬の姿を見てどの子を引き取るかを選ぶことに躊躇してしまいました。

あまりの酷い状況に涙がこぼれ、このままではいけないと思った彼女は思い切って動物保護施設をまるごと購入することを決意しました。

そしてひとまず比較的健康な保護犬25匹を選んだ後にカナダへ連れて帰ることにしました。

果たしてこの保護犬たちはどうなってしまうのでしょうか?

■この保護施設にいる動物たち全員が幸せになってほしい…

ダニエルさんは夫のロブさんと共に2014年から「ドッグテールズ」という動物保護施設を運営しており、虐待されたり障害や高齢によって捨てられてしまった犬たちを保護し、リハビリを経て里親へ繋げる活動を行なっています。

また世界中の保護施設から保護犬を引き取って面倒を見る活動も行なっており、本来は10〜20匹ほご引き取るのが通例なのですが、今回のイスラエルの保護施設の状況を悪く見たダニエルさんは、保護施設ごと買い取ることにしたのです。



今回引き取ったのは25匹ですが、残してきた保護犬たちにも獣医を手配して治療をお願いし、不衛生な環境を改善させるために清掃業者も依頼しました。

そして保護犬たちが争いながら餌を奪い合うことがないように、十分な餌も用意しておきました。

その中で、元気になった90匹の犬たちをイスラエル国内のちゃんとした保護施設へ引き渡し、残りの135匹の犬達も獣医たちのちゃんとした治療によって徐々に回復しているのだそうです。



そしてカナダに連れ帰った25匹の犬たちも全て新しい里親さんへ引き渡し、幸せな生活を手に入れたようです。

実はダニエルさんとロブさんが運営している「ドッグテイル」は毎日里親希望の方が殺到しており、犬を引き取っていく人たちもたくさんいます。

その理由は広大は敷地の中で保護された犬を放し飼いにしており、伸び伸びと元気に過ごせるような配慮が十分にされているのです。

もちろん休息するための犬小屋や遊ぶ遊具も充実しており、まさに美しく愛情たっぷりの空間なので、犬たちも幸せに過ごせて、里親さんの元に引き取られた後も穏やかに暮らしていくことができるのです。

ロブさんは「ここは名目上では動物保護施設ですが、ここにやってきた犬達は我が家のような感覚で毎日を過ごしてほしいんです」と話していました。

保護犬たちと家族同然で暮らす姿勢は本当に素晴らしいものです!

だからこそたくさんの人たちから人気のある動物保護施設となっているのかもしれませんね!


Leave a Reply

Your email address will not be published.