【驚愕】浸水した家から救出された1匹の犬。飼い主と涙の再会と思いきや、とんでもない一言に唖然

Pocket

1: ファニーちゃん

浸水した家に取り残されてしまった1匹の犬
2年前の2015年9月に鬼怒川が決壊したことで洪水が起こったことを皆様は覚えていますでしょうか?

家が濁流に飲まれ、何とか逃げた住民達が電柱に登ったり車の上に乗って救助を待っている姿もニュースで報道されていましたね。

その中でペット達もたくさん救助され、無事に飼い主さんと再会することができたという心温まるニュースもありました。

しかし場所は変わってアメリカでは、この逆の事態が起きてしまったのです。

なんとアメリカで洪水が起きた時、その飼い主は犬を鎖に繋げたまま逃げてしまったのです。

ただ、飼い主も生きるために必死だったとも考えられたのですが、犬が無事に救出された後に信じられない一言を放ったのです。

■その犬は無事に救出されたが…

その事件が起きたのは2016年5月31日でした。

アメリカテキサス州で103年ぶりとも言われるほど大きな洪水が起きました。

そんな中、保安官のトロイ・E・ネールさんがボートで街を巡回していると、とある民家に誰かの気配を感じました。



誰かいるのかもしれないと思って近寄ると、なんとそこには首まで水に浸かった1匹の犬がいました。

その犬は鎖に繋がれていて身動きが取れず、実際に救出するのも一苦労でした。

ですが同伴していた取材スタッフの力も借りて、何とか犬は無事に救出し、ひとまず動物愛護団体へ保護してもらうことにしました。

そして落ち着いた頃に飼い主へ連絡をすると、なんと信じられない答えが返ってきたのです。

「まさかあんなに浸水してくるとは思っていなかった…それに正直もう犬はいらないって思っていた」

さらには「どこは他の家へやってくれ」という無責任な発言をしたのです。

その犬は洪水で怖い思いをした挙句に飼い主に見捨てられ、不幸になってしまったかと思われましたが、幸いにもこの犬に新しい飼い主さんがすぐに見つかりました。

その新しい飼い主さんというのが、この犬を救出したトロイさん本人です。

彼は家族と一緒に動物愛護団体へ行き、救助した犬の様子を見に行った時に、家族全員がその犬を飼いたい!と言ってきたのです。

その結果、この犬を「アーチャー」と名付けてトロイさんの家の飼い犬になりました。



アーチャー以外にも何匹かの犬がいるようなので、きっと犬が大好きな家族なのでしょう。

ここでのアーチャーは鎖に繋がれることもなく、部屋の中を自由に歩いて回って家族皆で楽しく過ごしているようです。



洪水によって死ぬかもしれないという恐怖を体験し、さらに飼い主に捨てられてしまったアーチャーでしたが、このように新しい素敵な飼い主さんに引き取ってもらったことで、幸せを手に入れることができました。

これからは家族皆で仲良く楽しく過ごしていってね!


Leave a Reply

Your email address will not be published.