【賞賛】救命訓練でスマホの模型を渡して撮影のフリをした結果、ほぼ全ての生徒が「恐怖と悲しさ」を味わう事に。その真相は

1: ファニーちゃん

中学校で行われた救命訓練
様々なところで行われている救命訓練では、いざという時の応急処置の方法を学ぶ貴重な時間です。

そんな中、Twitterユーザーであるゲーム探偵198X【鯨武 長之介】 (@chou_nosuke)さんは、自身の甥っ子さんの中学校で行われていた救命訓練‏の指導内容について呟きました。

すると、その内容を見た人達から「とても素晴らしい」と絶賛の声が寄せられました。その内容がこちら!



必死で救出作業をしている時に、もしも周りの人々が勝手にその様子を撮影していたらどう感じるでしょうか…。

当然嫌な気分になると思いますが、それを言葉にしてもなかなか伝わりにくいです。

そこで実際に自分が被写体役となってどう感じるかというのを身をもって体験させたのです。

この内容を見た人達からは…

「確かに実際にその身になってみないとわからないことだ…素晴らしい授業です!」

「これは是非とも全国でやるべきだわ…」

「この内容を思いついた人の視点が素晴らしい!」


と賞賛の声が寄せられました。

今ではスマホなどで簡単に撮影できる時代になりましたが、使い方を間違えると人を傷つけてしまう道具にもなります。

改めて非常事態の時に人としてどうあるべきなのかというのを考えていかなくてはなりませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>