【感動】240kgの減量に成功した女性!その後彼女と警官との間に起こったエピソードに感動!

Pocket

1: ファニーちゃん

240kgの減量に成功した女性と警官
アメリカのケンタッキー州ルイスビルに住んでいるエイジャ・フォードさんは現在3人のお子さんを育てている母親です。

実はエイジャさんは3年前まで体重が240kgあったという過去がありました。

そこで彼女は一生懸命努力し、その結果144kg減量に成功して体重は96kgまで落とすことが出来ました。

そしてエイジャさんはこれをきだかけに「長距離を走る」というチャレンジをすることを決意しました。

エイジャさんが暮らしている街では、毎年「Rodes City Run」という10kmのマラソン大会が行われており、エイジャさんはこれに出場しようと決めました。

そしてマラソン大会に出場したエイジャさんですが、実際に減量に成功して96kgまで落としたものの、女性の平均体重よりはまだ多いこともあり、走っている途中で息苦しくなり、すすめなくなってしまったのです。

そんな彼女に駆け寄ってきたのが、大会の警備にあたっていたオーブレィ・グレゴリー巡査だったのです。

オーブレィさんが「大丈夫か?」と声をかけると、エイジャさんは答える代わりに彼の腕を掴みました。

するとオーブレィさんは「よし!それなら一緒に行こう」といってゴールまでエイジャさんに付き添ってくれたのです。

1

そしてエイジャさんの右手には息子さんに…そして左手にはオーブレィさんに支えてもらいながら、何とか完走することができました。

この時のことをオーブレィさんは「ゴールした彼女を見た時は本当に感動した!この素晴らしい瞬間に立ち会えたことを嬉しく思う」と語っていました。

2

そしてエイジャさんはオーブレィさんに対して「本当にありがとう…ギブアップしようとした私を励まし続けてくれたあなたは天使のようでした」と感謝の言葉を述べていました。

そしてエイジャさんはこの後、さらに努力をしてスリムな体になり、再びマラソン大会に参加しました。

3

そして今度は一度も立ち止まることなく、そして誰の助けも借りずに見事完走しました。

新たにチャレンジしようとしたことを周りの人に助けてもらいながら達成し、そこからさらに努力をして目標を達成したエイジャさん。

彼女のチャレンジ精神は本当に見習うことがたくさんありましたね!


Leave a Reply

Your email address will not be published.