【感動】天皇陛下がある魚を使ってタイの窮地を救った…今でもタイの人々が天皇陛下を愛する理由に思わず感動する

1: ファニーちゃん

タイの窮地に天皇陛下が起こした行動とは?
2016年8月8日に生前退位のお気持ちを表明された天皇陛下は、常に傷ついた者達に優しく寄り添ってくださり、そのお姿は国民の多くが見たことがあるかと思います。

国内で起きた災害はもちろんのこと、ご高齢でありながらもサイパンやフィリピンやパラオなどにも訪れて、戦争の犠牲者に花を手向けられるお姿も見られました。

そんな天皇陛下は、以前タイの窮地を救ったというエピソードがあるのだそうです。

そしてそのエピソードによって、日本とタイの絆を強く結びつけるものとなったのです。

それは1964年のこと…当時はまだ皇太子であった天皇陛下は、美智子様と共にタイ国を訪問されました。

この時のタイは食糧難が続き、特にタンパク質不足が深刻となっていたようでした。

魚の養殖なども手がけましたが上手く成果が上げられず、非常に苦しい状態だったのだそうです。

そんな中「ハゼの論文」を出すほど魚について研究をされていた陛下は、魚の養殖場に訪問した際にタイの国王であるラーマ9世に「ティラピア」という魚の養殖をお勧めになったのだそうです。

77C69D44-CCCD-4D9B-8F39-FC0FD5746919

ティラピアはアフリカや中近東原産の淡水魚で、臭みが少なく味も美味しいので世界でもよく食べられている魚です。

陛下は帰国した後、すぐに赤坂御用地の池で育てられたティラピア50匹ほどをタイに寄贈されたのです。

そしてラーマ9世が宮殿の池でティラピアを育ててみると、なんと驚くべき繁殖力であっという間に数が増えていき、最終的には1万匹のティラピアを養殖場に送る事ができました。

これによってタイの栄養環境はどんどん良くなり、食糧難も徐々に改善されていきました。

そしてこのティラピアは、明仁天皇の「仁」の字を取って、「仁魚(プラー・ニン)」と名付けられました。

77C69D44-CCCD-4D9B-8F39-FC0FD5746919

現在もタイ王室と皇室は定期的に交流が続いています。

そしてタイ国民の多くは日本に対して友好的のようで、いつでも歓迎してくれるのだそうです。

天皇陛下とラーマ9世が握手をしている姿を見ると、改めて日本とタイの絆の強さを感じさせられます。

天皇陛下の心優しい行動は、私たち日本人も見習うべきお姿だと改めて思いますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>