【衝撃】「おめぇには聞いてねぇよ・・・」とあるバンドマンがいじめについての持論を投稿…その内容に共感の声

Pocket

1: ファニーちゃん

「いじめられていた人は…」とあるバンドマンの持論に共感の声! a
今でも社会問題となっている「いじめ」は悲しいことに増加傾向にあるようです。

ニュースなどでも何度か報道されているのを見たことがある方もいらっしゃると思いますが、これはまだまだほんの一部です。

皆さんの中にも実際に学生時代に、いじめによって辛い思いをしたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな中、バンドマンである斉藤騎一 (@saitou_kiichi)さんは、いじめについての持論をTwitterに投稿しました。その内容がこちら!



クラスのみんなを誘っているのに、自分が声を出そうとすと除外されてしまう辛さや怒りは本当に計り知れません。

いじめている本人は記憶にすら残らないかもしれませんが、言われた方は大人になっても心が縛り付けられてしまうのです。

大人になって同じような状況になった時、周りはそんなつもりがなくても、いじめられた方は最初から自分は除外されていると思ってしまうというものでした。

これを見た人達からは…

「確かに今でも笑顔でイベントなどに参加していても、【私も本当に誘われているのだろうか】とドキドキする」

「学生時代、先生に仲間外れがバレると面倒くさいという理由で仕方なくグループに入れられたことがありました…それから、自分は「みんな」には入らないのだと諦める癖がついてしまいました」

「この投稿を見て心が痛くなりました…「おめぇには聞いてねぇよ」といった人に、ゲンコツをくらわせたいわ…」


これだけたくさんの人達が共感をするということは、過去に辛い思いをしてきた人達がそれだけいるということです。

いじめがなくなり、こんな思いをする人がいなくなることを願います。


Leave a Reply

Your email address will not be published.