【拡散希望】駐車場にある「障がい者用スペース」が広く取られている理由を考えて欲しい。ツイッターによせられた切実な願い

Pocket

1: ファニーちゃん

障がい者用の駐車スペース
大型のスーパーやデパートの駐車場の中には、車椅子のマークが描かれているスペースが設けられているのをよく見かけますよね。

皆さんもご存知のように、こちらの駐車スペースは車椅子を利用されている方や、その他体が不自由な方が利用する場所となっています。

この駐車スペースをよくみると、他の駐車スペースよりも、やや広くスペースが取ってあることに気がついている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、この駐車スペースを無視した車が、スペースにはみ出して駐車している光景も見かけますよね。

263910AE-4347-4F2A-A002-9FE0A5F53511

こうして見ると、隣の車が非常に近い状態になってしまっていますね。

そうなるとどうなるかというと…

47A51048-1978-4ADD-8B79-F16E25FFB6D4

そうなると車椅子が通れないという事態になってしまうのです。

この画像を投稿した方は「こんなに幅寄せして駐車されたんじゃ、車椅子も近づけられないし、車に乗れません」と綴っていました。

この車は障がい者用スペースにある白線の意味を分かっていなかったのかもしれませんが、それによって迷惑がかかってしまうこともあります。

そして画像の投稿者さんは…

「お願いです。何故身障者の駐車スペースがあるか、停める前に考えてみてください」と呼びかけていました。

何故障がい者用の駐車スペースが設けられているのかを考えると、自ずと気遣いの気持ちが現れるかと思います。

改めてその意味を考えていきたいですね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.