【恐怖】「タバコなんて吸うもんじゃない・・・」とある天井を撮影した1枚の写真…。その写真が意味する理由に鳥肌がとまらない

Pocket

1: ファニーちゃん

天井の写真に隠されていた真実
2015年にアメリカのバージニア州にあるワシントン・ダレス空港で、とある写真が撮影されました。

その写真が掲示板に投稿された時、そ多くの人がその写真とタイトルを見てゾッとしてしまったようなのです。

この写真のタイトルは「喫煙所の天井」です。

CEA404D7-F4D4-48E8-A0C6-EDA8FB3CD092

今回ゾッとしたものは天井の色なのです。

本来天井は白なのですが、奥にある喫煙所の天井を見ると茶色に変色してしまっています。

実はこれはタバコのヤニによって色が変わってしまったのです。

確かに指定の場所で長年タバコを吸っている人がいれば、天井の色が変わってしまうのも仕方ないかもしれません。

ただこの天井の色の違いを見た人たちからは…

「うわ!改めて見るとショックだ…まるで非喫煙者と喫煙者の肺の色を表しているようだ」
「私も以前この空港を利用しましたが、本当に煙がすごいんだ…。喫煙者の私でもちょっとげんなりしてしまうくらい」
「自分の住んでいる家も、前の住人がタバコを吸っていたようで、天井がこんな感じだった…親は「焼きすぎたマシュマロみたい」って言っていたよ」


と驚きの声がたくさん寄せられていました。

もちろんタバコを吸うことでストレスを発散されている方もいらっしゃると思うので、一概に否定するわけではありません。

ただタバコを吸いすぎるとどうなるのか…というのを改めて考えさせられる写真でした。


Leave a Reply

Your email address will not be published.