【閲覧注意】謎の痛みに苦しめられた人々の体内にあったショッキングなもの10選

Pocket

1: ファニーちゃん


ローズマリー・アルバレス



平衡感覚の狂い・しびれ・嚥下困難などの症状でアリゾナ州フェニックスの病院で手術を受けたローズマリーも、また診療した医師も、当初は彼女が脳腫瘍であると信じて疑いませんでした。

しかし実際に診察してみると、彼女の脳から見つかったのはなんと腫瘍ではなくサナダムシでした!!

通常は腸に寄生するサナダムシですが、彼女の場合は摂取した食べものに卵が産みつけられており、それが頭に向かう血流に乗って脳に達してしまったと考えられています。



サンジュ・バガット



これは、衝撃が大きすぎるお話です。

長年悩んだある身体的特徴。

実は、そうなってしまったキッカケはまだ胎児の頃にあったのです!!


サンジュ・バガットは、次のページで↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.