【感動】「いつか私もこの人たちのように思いやりがある優しい人間になりたい」2度のガンを克服した女性の叶えたい夢とその先

1: ファニーちゃん

過去に2度のガンを経験した女性の夢 a
皆さんは子どもの頃に憧れていた職業を覚えていますか?

その夢を実際に叶えた方ももしかしたらいらっしゃるのではないかと思います。

今回アメリカに住んでいるモンタナ・ブラウンさんは子どもの頃からの夢だった看護師になることができました。

実はモンタナさんは、看護師になる夢をどうしても叶えたかった理由があったのです。

モンタナさんは2歳の頃に小児がんになってしまい、AFLACがんセンターで1年間過ごしていました。

そしてがんを克服した彼女は順調に成長していき、高校生の頃には体操やチアリーディングもやっていたりと元気な学生生活を送っていました。

しかし15歳の頃に再びがんが再発し、治療に専念するためにこれらの運動も全て辞めてつらい闘病生活を送ることになりました。

そんな彼女を励まし続けていたのが、病院の看護師達だったのです。

00CED719-9E77-4D2D-B23E-8BFBCD7F9A40
写真はイメージです

モンタナさんは「入院していた時、看護師達はいつも思いやり持ってくれて優しく私に接してくれました」と話していました。

辛い思いをしている患者さんに寄り添っていく姿を見たモンタナさんは「いつか私もこの人たちのように思いやりがある優しい人間になりたい」と思うようになりました。

そして彼女は治療を終えた後に看護師になるために看護学校へ通って卒業をし、なんと当時自分を治療してくれたAFLACがんセンターへ就職することになりました。

77D0F34E-D4EE-4AA8-A71F-0C455B7951AF

今回モンタナさんが夢を叶えたことをFacebookに投稿すると、たちまちたくさんの人達からのコメントが寄せられました。

「素晴らしい!これからは看護師さんとして頑張っていってね」
「おめでとう!同じような思いをしている患者さんも前向きな気持ちになったと思うよ!」
「私の娘も病気を克服して元気に暮らしているわ!あなたのこの成功は病気と闘う人達の希望になると思う」


子どもの頃は患者さんとして病院で過ごしていたモンタナさんが、今度は看護師さんとして病院で働くことになりました。

彼女のこの成功は病気と闘っている人達の希望になりました。

きっとこれからは患者さんの心に寄り添える素敵な看護師さんとして活躍されることでしょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>