【驚愕】神隠しは存在する!?未だ解決されていない「謎めいた集団失踪事件」10選

Pocket

1: ファニーちゃん


消失したイヌイットの集落。アンギクニ湖事件(1930年)カナダ



イヌイットの住居にはまだ私物が残されていました。

食料の備蓄もたくさんあったのです。

住民全員が突然集落を捨てるなんて、非常に考えにくいことです。

通報を受けた警察は調査に赴きました。

途中、猟師の家で休憩をとった時、彼らは夜更けに奇妙な光る物体が、アンギクニ湖の方向へ飛んでいったという話を聞きました。

イヌイットの集落に到着すると、確かに誰もいませんでした。

しかも集落周辺にあった墓地はすべて暴かれており、遺体も消えていました。

カナダ警察によって2度の捜索がなされましたが、今もなお未解決事件です。



消えたロアノーク植民地の入植者(1587年)アメリカ



現在のノースカロライナ州にあたるロアノークに作られた植民地は、イングランドからの移民が最初に入植した地の1つでした。

しかしある時、この植民地の統治者が補給のためにヨーロッパに戻り、再び帰還すると、集落は完全に荒廃していたのです!!


消えたロアノーク植民地の入植者(1587年)は、次のページで↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.