【闇が深い】もはや狂気レベル。顔面パンチや誹謗中傷でテレビ局から出入り禁止になった芸能人10選

Pocket


放送局に出入り禁止になった芸能人まとめ


今ではどのご家庭にもテレビは数台あるという時代ですよね。

現在だけではなく、過去を含め、放送局を出入り禁止になった芸能人をまとめました。
テレビ局のみならず、ラジオ局も含めて取り上げています。

中には、全放送局から出入り禁止になっている方もいるそうです。

現在は出入り禁止を解除になっている方もいらっしゃいますので、参考までにご覧ください。


NHK:出入り禁止芸能人




公共放送の厳しい規制の中で、出入り禁止になっている芸能人の数はとても多いようです。

民放局であれば問題なさそうな芸能人まで出入り禁止になっているようにも感じます。

いくらお堅いNHKとはいえ、「昭和の歌姫」と言われる方も出入り禁止になっているのには驚きです。


長渕剛



1990年に放送された『紅白歌合戦』に初出場した際、ドイツ・ベルリンからの生中継で出場した長渕が、 番組中にNHKスタッフを批判する発言をしたため、出入り禁止となりました。

第1部の最後に『いつかの少年』『親知らず』『乾杯』の3曲を歌い、その全ての曲のタイトルや歌詞のテロップは示されており長渕の歌終了後、 予定通り20時55分からニュース、21時から第2部が開始されたそうですが、出禁の理由として、 「予定外の曲を披露」「長渕の暴挙により時間が押して、大物歌手の出番がカットされた」などの報道が当時なされたようです。

しかし、2003年には復活を果たしたようです。


美空ひばり



1973年に、実弟のかとう哲也が起こした不祥事により、 ひばり一家と暴力団山口組との関係も問題視され、 全国の公会堂や市民ホールから「暴力団組員の弟を出演させるなら出させない」と使用拒否されるなどのバッシングが起こったそうです。

しかしひばり母子は、家族の絆は大事だとして、哲也をはずさなかったため、 17回出場し1963年から10年連続出場で紅組のトリを務めていたNHK紅白歌合戦の出場を辞退(事実上は落選)となりました。
数年の間ヒット曲に乏しかったこともあり、理事会でほぼ満場一致で決まったということです。

1977年、当時NHKの人気番組であった『ビッグ・ショー』に4年ぶりに出演し、関係は修復したようです。

しかし紅白に正式な出場歌手として復帰することはありませんでした。


土屋アンナ



”土屋アンナ”は次のページで

Leave a Reply

Your email address will not be published.