【ありえない・・・】緊急の為停車していた救急車、隊員が戻ってきたら救急車にメモが置かれていた。そのメモに書かれていた内容に怒り

Pocket

1: ファニーちゃん

出動していた救急車
イギリスのバーミンガムの路上で、ある日突然男性が吐血をして倒れてしまったので、ただちに救急車が出動しました。

男性が倒れた場所の近くに救急車を停めた隊員達はすぐに救助にあたり、その後救急車へ戻ると、フロントガラスに1枚のメモが挟まっていました。

そのメモには信じられない内容が書かれていたのです。

それを読んだ隊員のターシャ・スターキーさんは、Twitterでそのメモを投稿しました。



【あなた達は患者さんの命を救ったかもしれませんが、こんな所に救急車を停めたことで私の運転を邪魔しました】

ターシャさんはこのメモに驚愕し、急患の患者さんを助けるためにはすぐに助けられるように救急車を停める必要があること、そしてその理解をしてほしいと訴えました。

実際に救急車を停めていた時間は30分ほどだったそうですが、患者さんを助けるために停めた救急車を邪魔呼ばわりする匿名からの手紙に多くの隊員が衝撃を受けたのだそうです。

そしてターシャさんと同じく救急隊員であるサム・グリムソンさんもTwitterでこのように投稿しました。

「私たちもできるだけ邪魔にならないような場所を見つけて駐車をしようと意識しています。ですが、時と場合によってはそれができないことだってあります。」

474E0EF8-0C66-4838-A542-C0D767D7941C

この一連の出来事をTwitterに投稿された後、たくさんの人達から怒りのコメントが寄せられていました。

「もし倒れた男性が家族の人だったら、このメモを残した人も文句言わなかったんだろ?図々しい奴だな」

「じゃあこのメモを書いた人が倒れた時は迷惑にならない場所に停めるために遠くに救急車を停めても文句言わないよね」

「私の母も倒れて救急車に運ばれる時、救急車がじゃまだからどかしてと言われたことがある」


というように、怒りのコメントだけではなく実際に自分も体験したことがあるというコメントも見受けられました。

今回の件についてターシャさんは「人々は自分の人生しか考えられなくなってしまうと他者を思いやる気持ちも薄れてしまうのかもしれない」とコメントをしていました。

もし自分が倒れて救急車を呼ぶことになった時、こんなことを言われてしまったら…と考えると心が痛みますよね。

ぜひこういう時も相手の立場に立って思いやりの気持ちが持てるような人になりたいですね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.