【驚愕】食器の無人販売を行なったら予想外の出来事が!増殖バグが発生(笑)

Pocket

1: ファニーちゃん

食器の無人販売を行なったらまさかの事態に!
食器は気に入ったからつい買ってしまったということや、買わなくても誰かからもらったりすることが多いため、知らないうちに溜まってしまうもの。

結局使う食器はある程度決まってしまっているので、使わないまま食器棚に眠ってしまっているなんてこともあるのではないでしょうか?

大掃除の時などに思い切って処分をしようとしても、まだ新品だったりすると捨てるのも躊躇してしまいますよね。

そんな中、Twitterユーザーのmighty(@almighty0404)さんは、食器の無人販売を行なって、誰かに格安で売ろうと考えました。

すると、これがまさかの結果を引き起こします。



A047B207-6D67-468C-85D2-4002EF9FCC83

99074CB4-2598-4A98-BD44-87AEECB044FC

なんと食器が置いてあるのを見た人たちは、自分もいらないから置いていこうとするので、補充をしなくても自然と食器が増えていき、それを購入する人もいるのでどんどんお金も増えてくるという状態に!

何もしていないのにお金がどんどん増えているし、損する人が誰もいないという理想的な経営状態となりました。

この出来事についてネット上からは…







と驚きの声と賞賛する声が寄せられていました。

もちろんmightyさんは、こうなることを全く予想していませんでした。

けれども近所の中で良いサイクルが生まれたのは間違いありません。

こういったシステムが各地で行われると、どんな物でも長く使われていくことができますね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.