【幸せになりなさい】余命わずかの教師から課せられた「最期の宿題」

Pocket

1: ファニーちゃん

最後の宿題
学生なら誰もが課せられるのが宿題で、特に夏休みや冬休みなどの長期的な休みとなると大量の宿題が出されてしまってげんなりしたことがある方も多いと思います。

また普段の宿題も提出期限が短い宿題がしょっちゅう出されて嫌な思いをした経験もしたことがあることでしょう。

しかし今回、大阪のとある中学校で先生から生徒たちにとある宿題を出しました。

なんとその宿題の提出期限はなし…。そしてその宿題は「最後の宿題」として出されていたのです。

その宿題というのがこちらです。

804C36B3-7D9C-4677-A541-08D5AE78267C

その宿題の内容は「幸せになりなさい」というもので、提出期限はありませんでした。

実はこの宿題をだした先生は余命宣告を受けており、先生の余命もあと僅かとなっていたのです。

先生は大切な生徒たちにこの宿題を課し、天国で面と向かって報告をしてほしいというものでした。

実際この黒板に書かれたものは海外の掲示板サイトでも話題になっており、

「これは泣ける…こんなお話があったなんて…」
「この生徒たちがそれぞれ幸せを見つけてほしい」
「先生の熱い想いがよく伝わるわ…こういう先生っているのね」


と感動の声が寄せられていました。

最近は若くして自ら命を絶つ人も増えてきていますが、先生のように生きたくても生きられない人もいるのです。

限りある人生を後悔なく幸せに生きていってほしい…そして人生に幕を降ろす時がきたら「良い人生だった」と思えるように生きていってほしいという先生の願いが込められた宿題ですね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.