【勇敢】息子を溺死させようとしていた母親。それを阻止したのは勇敢なピットブルだった!

Pocket

1: ファニーちゃん

勇敢な犬
オーストラリアのサウス・ウェールズ州とヴィクトリア州の境にあるモアナの町で驚きの事件が発生しました。

なんと母親が9歳の息子を川で溺死させようとしている姿があったのです。

それを目撃したのは、なんと近くにいたピットブルのバディーでした。

バディーはすぐに2人の元へ走り、少年を救おうとします。

その時、母親から早く遠ざけようと少年の腕を噛んで、母親の腕にも噛み付いていたんだそうです。

勇敢なピットブルの行動だったのですが、ここで1つ問題が発生してしまったのです。

■少年を救ったピットブルに降りかかった1つの問題

バディーによって少年は命を救われ、噛まれた腕を手当てするためにメルボルンの病院へ入院することになりました。

そしてバディーはというと、なんと2人を噛んだということで森林警備隊員に捕まってしまい、このままでは殺処分されてしまうという状況になってしまったのです。

この一連の出来事を知った人達は、殺処分から救うために署名活動を行い、少年の祖父も署名してくれました。



この一件について祖父は

「私もバディーと似ている犬を飼ったことがありますが、バディーは絶対に孫を助けようとしてくれたはずです。

子供と一緒に育った犬の行動ってそういうものなんですよ」


と語っていました。

バディーの飼い主が言うには、ピットブルだけど今まで攻撃的な態度も見せていないし、人も噛んだことがないとのことでした。

その流れを受け、警察はムレーリバー協議会に「バディーが噛み付いたのは緊急事態だったからで、少年を救うために極めて妥当な行動だ」と言います。

さらに森林警備隊員からも「バディーの殺処分は望んでいない」と意見を出し、5万件もの署名もあって、バディーの殺処分は行わないことになりました。

■バディーと少年のその後

殺処分をしないということでバディーの飼い主さんも一安心し、署名運動に参加してくれた人達に感謝の辞を述べました。

ちなみにこの飼い主には全ての犬に義務付けられている犬の登録のマイクロチップを装着していなかったので、この装着を協議会から命じられただけで済みました。



また9歳の息子を溺死させようとしていた27歳の母親は、実は既に5歳の息子を殺害していたことが調査の結果明らかになりました。

現在殺人と殺人未遂で服役中の母親ですが、どうやら彼女には精神的な病気があるんだそうです。

一方で9歳の少年は祖父の元へ引き取られることになりました。

ピットブルとなると攻撃的な性格であることから、様々な誤解が生じてしまいますが、このように少年の命を救う勇敢な犬種でもあるのです。

今回の一件はピットブルというだけで怖いものという印象を大きく変える出来事だったのではないでしょうか?


Leave a Reply

Your email address will not be published.