【動画】10年前に視力を失った夫・・・。最新の技術(人工眼)により10年ぶりに妻の姿をた夫の姿に涙

Pocket

1: ファニーちゃん

目が見えなかった男性
アメリカのミネソタ州に住んでいるアレン・ズデラートさんは20年前に網膜色素変性症という病気で視力を徐々に失ってしまいます。

この病気になって10年経った頃には、明るい光ぐらいしか見えず、家族や妻の姿も見えなくなってしまっていました。

そんなアレンさんは最先端技術のバイオニック・アイによって再び家族や妻の姿を見ることができるようになったと話題になりました。

このバイオニック・アイというのは、今でも研究開発が進められている人工眼のことで、視力を失ってしまった方の目の中に電極を60本埋め込み、そこに取り付けたカメラから得た情報を電気的刺激に変換し、網膜の神経細胞に伝達するというもの。

25F6789C-11ED-469E-AB33-9BF4DEA95235

アレンさんにバイオニック・アイを進めたのは、メイヨー・クリニック研究者の1人でもあり、眼科医のレイモンド博士でした。

アレンさんはこのバイオニック・アイによって10年ぶりに家族と妻の姿を見ることができたのです。

その時のアレンさんは信じられない様子で妻と家族の姿を見た後、嬉しさのあまり涙を流していました。

その時の様子がこちら!



アレンさんが言うには、形と形を理解することができるようになったそうですが、人の顔の細かい部分までは完全に見ることはできないんだそうです。

それでもある程度の姿を見ることができるので、アレンさんや家族にとっても嬉しい瞬間だったことでしょう。

そしてアレンさんはアメリカで15人目でミネソタ州では初めての人工眼の装着者となりました。

まだまだ改良の余地があるものですが、このバイオニック・アイが視力を失ってしまった人たちにとっての希望になることを願ってやみません。


Leave a Reply

Your email address will not be published.