【驚愕】安楽死させたはずの愛犬が生きていた!?半年後に別の場所で生活をしている愛犬の姿が!

1: ファニーちゃん

愛犬が生きていた?
アメリカのユタ州に住むタウニー・コートさん一家は10歳になるボクサー犬のゾーイというメスの犬を飼っていました。

子ども達もゾーイと毎日楽しく遊んでいたのですが、2016年頃からゾーイは度々発作を起こすようになりました。

この様子を見た家族は「もしかしたらゾーイは近いうちに死んでしまうかもしれない」と感じていました。

しかし不幸は続き、ダウニーさんの夫が生活苦から銀行強盗を働き、刑務所へ収監され、住む家まで失ってしまい、ダウニーさん一家は精神的にもボロボロの状態でした。



日に日に具合が悪くなってくるゾーイに、11歳の息子のジャクソン君は「ゾーイは僕のベストフレンドだから」と言って毎晩ゾーイを抱きしめながら寝ていたのだそうです。

そして2016年11月19日に、タウニーさんは父親のラリーさんに「ファーミトンにあるベイビュー動物病院へ連れて行って安楽死させてほしい」と依頼します。

ラリーさんは動物病院にゾーイを連れて行き、手続きを済ませて215ドル(日本円で約23,000円)を支払います。

手続きを済ませたことでゾーイはもう死んでしまっただろうと思っていたのですが、この後まさかの出来事が起こります。

■安楽死させたはずのゾーイが生きていた?

ゾーイが亡くなって半年後、すっかり元気を無くしてしまった息子のために、もう1度ボクサー犬を飼おうと決めます。

インターネットで情報を探していると、ボクサー犬専門で保護活動をしている【ボクサータウンレスキュー・オブユタ】のサイトを見つけました。

ボクサー犬を見ていたダウニーさんは、ここでゾーイそっくりのボクサー犬を見つけたのです。

ダウニーさんは「ありえない」と思いながらも、そのページを詳しく見て写真を拡大して見たところ、完全にゾーイだと判明したのです。



ゾーイを安楽死させるはずだったスマート獣医にテレビ局がインタビューをすると、

「ゾーイを診察したら、まだ何年も生きることができる状態だったので安楽死させることはないとラリーさんに伝えたのですが、ラリーさんからは家族がゾーイを手放したがっていると聞いたのです」と語っていたのです。

その後もスマート獣医は、外科手術や投薬で治すことができますし、何もしないという選択もあると伝え、安楽死をさせない方向で話をしたのだそうです。

しかしラリーさんからは、家族がゾーイを不要だと言っていると言い張り、話を聞いても安楽死を希望してきたのだそうです。

ラリーさんが頑なに安楽死を希望していたので、スマート獣医は自分の判断でゾーイの安楽死を取りやめて「ボクサータウンレスキュー・オブユタ」へ引き取ってほしいと連絡をしたのです。

しかし一方のラリーさんは「獣医からはそんな説明は受けていない」と否定。

この件に関してユタ州にある獣医評議会では「本来ペットは所有者の財産に当たり、私たちは所有者の意向に従うのが義務なので、今回の件は懲戒処分を検討する事例だ」と発表しました。

しかし現在のところ懲戒処分をするという正式な訴状は出ていないようです。



このやり取りを経て、ゾーイは再びダウニーさん家族の元へ戻ってきました。

安楽死させる必要はないと判断した獣医が、自分の判断で安楽死を中止にしたことは、義務違反ではあってもそれによってゾーイの命が救われたのは間違いありません。

この件について、ゾーイが治らない病気だと判断して父親に安楽死を頼んだダウニーさん、そして安楽死を無理矢理させようとした父親にも批判の声が寄せられたようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>