【感動】「一緒に学校へ行こう!」体に障がいのある友達を毎日おんぶをして一緒に登下校をした男子学生!その姿に感動させられる!

Pocket

1: ファニーちゃん

友達と一緒に毎日登下校
中国の江蘇省北部の徐州市にある大許高校に通っている謝旭くん。

彼は入学してすぐに張馳くんという友達に出会いました。

実は張馳くんは筋ジストロフィーという病気を抱えており、筋肉が萎縮してしまって自分の体重も支えることが難しいという状態だったのです。

それでも張馳くんは学校が大好きで、何とかして通いたいという想いを汲み取った謝旭くんは、毎日張馳くんをおんぶして登下校をすることにしました。

その姿はとても立派なもので、周りの学生たちにとっても大きな影響を受けたようです。

では2人の登下校の様子や学校での様子はどういったものなのでしょうか?

■毎日一緒に登下校をしていた2人の様子

謝旭くんは身長が173㎝で体重が75kgと、ごく普通の体格の男子学生ですが、張馳くんの病気のことを知ってからは毎日彼をおんぶして登下校をしていました。

当時の様子を大許高校の教頭は「この2人の学生の行為は非常に感銘を受けて心を揺さぶられた…。家族でもないのに3年間毎日おんぶし続けていたのですから…」と語っていました。

222F10F4-075D-4ECA-A50B-B8F8A2421335

2人は学生寮に暮らしており、毎日一緒に登下校するだけではなく、食事や洗濯などの家事の手伝いもしていたのだそうです。

謝旭くんは登下校だけではなく、移動教室の時でもおんぶをしていたので、毎日10数回はおんぶしていたんだそうです。

392EBADA-A1C4-4825-BBD0-3DACC613A29C

EC150E33-3818-4D67-8017-FD8A25AD35E4

BA95E1FE-FA96-41C0-94A8-0E7C15A8A749

BA347C3B-35B7-494D-BB36-74E6AF3752E5

毎日おんぶをして大変そうと思われるかもしれませんが、2人は笑顔で接していたのだそうです。

さらに2人は非常に真面目な生徒で、クラスの成績もトップクラスで大学への進学を希望しているのだそうです。

張馳くんは謝旭くんのおかげで毎日学校に通うことができ、張馳くんが病気になった時以外は一度も休まずに登校したのだそうです。

そして謝旭くんの行動を見ていた他の生徒たちも徐々に手助けをしてくれるようになりました。

2人の友情は本当に素晴らしいもので、これからもずっと続いていくことでしょう!


Leave a Reply

Your email address will not be published.