【賞賛】ファーストフード店にやってきたホームレス、誰も相手にしない中1人の少年が立ち上がりそして・・・

1: ファニーちゃん

ホームレスに対応した少年の優しさ
アメリカのテキサス州にあるファストフード店「バーガーキング」でアルバイトをしているマシュー君はこの日もいつものようにお仕事をしていました。

その日の夜、店内にホームレスの男性が入店し、「これで買える食べ物はありますか?」と言って50セントのお金を出しました。

50セントは日本円で約50円でしたが、少年はメニューを広げてその男性に見せ「もし買えるとしたらどのメニューが良いですか?」と聞きます。

すると男性は「お腹がいっぱいになるなら何でも良いんです」と答えました。

それを聞いた少年はこの後、とある対応をし、そこから意外な結末を迎えます。

■ホームレスに対応したマシュー君に起きたまさかの出来事

その男性の様子を見たマシュー君は心を痛め、なるべくボリュームのあるメニューを選び、自分の財布からカードを出してお会計をしました。

そしてその男性に食事を渡して「どうぞお席でごゆっくりお召し上がりください」と伝えます。

そしてその様子の一部始終を見ていたのはお客さんとして来ていたとある女性でした。

彼女はマシュー君の親切な心に感動し、後日バーガーキングへ手紙を書いてマシュー君の行動を高く評価し、さらにマシュー君へ100ドルのチップを渡しました。

3448EF10-F7D3-4B2E-B4D0-82DED17E97A7

まさかの出来事を知ったマシュー君の母親はFacebookに投稿をすると、25万件以上の「いいね」や2万7000ものシェア、1万件ものコメントが寄せられるほど注目されました。

マシュー君自身、もちろん見返りを求めてやった行動ではありませんでした。

なので100ドルのチップをもらった時はかなり驚いたそうで、喜びも大きいものだったようです。

実際に困っている人を見て、何かしてあげたいと思ってもなかなか行動を起こすのは難しいものです。

ですがマシュー君は自然とそれをやり、その結果思いもよらない結果に繋がったのです。

誰かに親切にするという気持ちを改めて持って行動をしたいなと実感しますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>