【驚愕】もう会えないはずの亡くなった父親、ホコリまみれのゲーム機をつけ画面に映っていた映像の中身に・・・

1: ファニーちゃん

ホコリまみれのゲーム機
YouTubeにとある動画が投稿されました。

その動画の内容は実際の話に基づいて作成されたもので、動画を見た人達からは感動したという声が相次ぎました。

その内容は、青年がゲームを通じて亡くなった父親の姿を見るというものでした。

一体このゲームにある父親の姿というのはどのようなものだったのでしょうか?

今回は「感動した!」という声が相次いだ動画をご紹介していきたいと思います。

■ゲームの中にいた父親の姿

その動画がこちら!



そのゲーム機を見つけた青年は、幼い頃父親と一緒にゲームで遊んでいたことを思い出します。

しかしその父親は青年が6歳の頃に亡くなってしまいました。

それ以来、このゲーム機を見ると父親との思い出が蘇ってきて辛くなるため、10年間倉庫の中にずっとしまっていたようです。

ですが、今回青年はゲームを起動しました。

当時父親と遊んだレーシングゲームには…

9A208748-2A12-49DD-ACCA-6941867ED1DC

なんと亡くなった父親が生前プレイしていた車が横を走っていたのです。

これはレースの最速記録データをゴーストとして反映しているのですが、青年はこれを見た時に「父親とまた遊べる!」と感じたのだそうです。

そこで青年はこの父親を追い抜こうと何度もプレイし、挑戦し続けていった結果、なんとか父親の幽霊を追い抜くことができました。

やっと1位でゴールできる!という状況でしたが、青年は1位のままゴールするのをやめたのです。

彼が最速記録を塗り替えてしまうことで、お父さんのデータが消えてしまうからです。

本当は父親を追い抜きたいのではなく、父親と一緒にまた遊びたかったのでしょう。

これからも彼はこのゲームを通じてお父さんとの思い出を大切に取っておくことでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>