【賞賛】自閉症の高校生を助けたのは一人の警察官だった。その行動力に世界が沸いた

1: ファニーちゃん

自閉症の高校生と警察官
ある日、警察の元に一本の通報が入りました。

その内容は「自閉症の高校生がキャンパスを飛び出してしまった」という内容でした。

実はこの高校生は過去にも暴力行為があったり、自殺をしてしまう可能性もある子でした。

通報を受けたティム・パーディさんはすぐに現地へ駆けつけ、少年を探し始めます。

そして無事に見つけたティムさんが取った行動がとても素晴らしいと賞賛の声が寄せられました。

■ティムさんがとった素晴らしい行動

ティムさんが少年を見つけた時、その少年は座り込んでいました。

ティムさんは静かに近寄り、一緒に座って会話をし始めたのです。

そして少年は落ち着きを取り戻し始め、笑顔を見せるようになりました。



ティムさんが所属しているアメリカのノースカロライナ州クレンバーグ警察 Facebookには…

【パーディ警官は少年への信頼と絆を築きあげました。それは少年にとっても何より必要なものだったのです。

警察は逮捕をしたり法律を強いたりするだけではなく、こうして歩み寄りで誰かの人生に変化を与えることも役割の1つです】


という書き込みがありました。

この内容に多くの人たちから「こういう警官がたくさんいればいいのに…」「パーディ警官!ありがとう!素晴らしい行動だった」などなど賞賛の声が寄せられました。

逃げた人がいると追いかけて捕まえるイメージの強い警察官ですが、このように歩み寄って会話をして信頼関係を築いていく方もいるんですね。

本当に素晴らしい光景でした!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>