【これが本物の歌手だ!】出発が遅れた飛行機に機内の乗客の不満は爆発寸前…。たまたま乗っていた松山千春さんの粋な行動で一気に場が盛り上がった!

Pocket

1: ファニーちゃん

出発が遅れた飛行機
2017年の8月に新千歳空港から大阪伊丹空港の飛行機が、保安検査場の混雑によって1時間出発が遅れていました。

機内放送はされましたが、やはり乗客はイライラしてしまっていたようです。

多くの乗客がイライラしている中、突然驚きの機内放送が流れてきたのです。

なんとその機内放送の声の主はシンガーソングライターの松山千春さんだったのです。

この後の彼の行動で、ピリピリとしていた機内の空気が一気に変わりました!

果たしてどんな行動を取ったのでしょうか?

■乗客の心を掴んだ松山千春さんの神対応

元々松山千春さんは、北海道を中心に活動をしていたため千歳空港を結構利用していたのだそうです。

そして今回もまた飛行機に乗っていたのです。

イライラする乗客たちに対して、松山千春さんは機内放送を通じて「大空と大地の中で」を1フレーズ歌ってくれたのです!



そして歌い終えた松山千春さんは…

「皆さんのご旅行が、また、これからの人生が素晴らしいことをお祈りしています。このままもう少しお待ちください」

と一言付け加え、乗客からは大きな拍手が起こりました。

実際に松山千春さんも場を和ませたいと思って機長に許可を得て機内放送で歌を披露してくれたのだそうです。

おかげで張りつめていた機内の空気が一気に和んだとTwitterのユーザーさんは語っていました。

芸能人の方は移動中はゆっくり休んでいたいと思うものですが、こうやって自ら行動を起こす松山千春さんは本当に素晴らしいですね!


Leave a Reply

Your email address will not be published.