【訴え】「ボタン式のドアのルールを知っておいてほしい…」ほとんどの人が知らない田舎の電車にあるボタン式ドアのマナー

Pocket

1: ファニーちゃん

電車にあるボタン式のドア
田舎を走る電車のドアはボタン式であることが多いです。

これは自分でボタンを押してドアを開けたり閉めたりするものとなっているのですが、このドアについてある訴えが今話題となっています。

これは電車のマナーでもあるということで、とあるTwitterのユーザーさんが訴えた内容に「初めて知った」という声も相次ぎました。

ではボタン式のドアについてのマナーというのはどういうものなのでしょうか?

■ボタン式の半自動ドアに関するマナーとは?

その訴えがこちらです。



都心の電車は車掌さんのアナウンスでドアが閉まるのですが、地域によってはボタン式でドアの開け閉めをする電車もあります。

乗客がボタンを押してドアの開け閉めをするので、人によってはドアを開けて電車に乗った後ボタンを押さずに去ってしまうことがあるのだそうです。

そうなるとドアは開けっ放しの状態となり、冬の時には寒い風が電車の中に入ってきてしまうのだそうです。

開けたら閉めるというのはボタン式の半自動ドアのマナーなのです。

BC938097-99C5-4720-A821-B2483B3A9DAE

実際にこの訴えを見た人達からは…

「東京にも一部このタイプの電車があるけどこれは本当にマナー!車内放送にもあるんだから常識だと思ってた!」
「暖房の効いた暖かい電車の中に冷気を入れて乗車するのに、そのままドアを開けっ放しされると本当にイラッとする」
「なんか急いでいるとついつい閉め忘れてしまうんだよな…本当気をつけないと…」


というように様々な声が寄せられました。

もし何かの機会でボタンでドアを開け閉めする電車に乗ったら、ぜひこういったマナーを守っていきましょう!


Leave a Reply

Your email address will not be published.