【賞賛】15,000円の婚約指輪をあざ笑う店員。彼をバカにされた彼女が放った一言に賞賛の声

Pocket

1: ファニーちゃん

婚約指輪を笑った店員
アメリカのテネシー州に住んでいるアリエルさんとクインさん。

2人は2016年11月に結婚をしたばかりの新婚さんで、幸せな毎日を過ごしているようです。

7748271D-258B-4737-A601-91ABA0B4CEE4

夫であるクインさんのFacebookを見ると、アリエルさんに綺麗な指輪を渡す所も投稿されていました。



その写真は2人の仲の良さが伝わる素敵な写真でした。

しかしこの指輪を購入する前にちょっとしたトラブルが起こったのです。

その事についてアリエルさんの対応が素晴らしいと話題になりました。

■婚約指輪を店員に笑われてしまった2人…

2人は付き合っていた頃からあまりお金がなく、何をするにしても倹約しながら生活を送っていましたが、2人は結婚したいとお互いに思っており、お金がなくても結婚をしようと誓い合いました。

アリエルさんはお金がないことを知っていたので、婚約指輪はいらないと思っていたのですが、夫のクインさんは少しずつお金を貯めていたそうで、ぜひ指輪を買いたいと思ったのだそうです。

しかし指輪を買いに行った時にトラブルが起こりました。

クインさんが買った指輪は130ドルだったそうなのですが、店員さん同士で「これが婚約指輪なんて信じられない…みじめすぎる」というような会話が聞こえてきたのです。

クインさんはそれを聞いて「これで本当に幸せなの?こんなので本当に良いの?」と不安になったそうなのですが、アリエルさんは会計時に「重要なのは指輪そのものではない!買いに行こうという愛が大事なの!」とハッキリ言い放ったのです。



アリエルさんはこの出来事について…

「いつからこの国は3,000ドル以上の指輪を買わないと愛が伝わらなくなったの?彼がくれた指輪は本当に素敵だったし、最高の気持ちだった。

夫はお金がなくて私が結婚を嫌になったのではと怖くなったそうですが、そうさせたのは世間です。

130ドルの指輪を身につけて婚姻届を提出した瞬間は本当に幸せだったんです」


と話していました。

確かに彼がプレゼントをした婚約指輪は相場と比べると安いものだったかもしれません。

ですが彼女に対する愛情は本当に大きいものだというのは間違いないのです。

お金と愛を同一視しない考えというのは本当に大切だというのがよくわかりましたね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.