【衝撃】散歩中におきた少しの不注意・・・リードを離してしまい飼い犬を見るとそこには驚くべきほどに悲しそうな愛犬の顔が!

Pocket

1: ファニーちゃん

捨てられるの?と不安に思う飼い犬
犬のお散歩で欠かせないのがリード!

飼い主さんは犬と散歩に行く時は、しっかりとこのリードを持っていなくてはなりません。

とある家でペットとして飼われているソーヤ君もまた、お散歩が大好き!

いつものように飼い主さんと楽しく散歩している途中で、うっかり飼い主さんはリードを離してしまい、それに気づかずに少し歩いてしまいました。

そしてハッと気付いて後ろを振り向くと、ソーヤ君の顔がとっても切なそうな表情をしていたんだそうです。

では一体、どんな表情をしていたのでしょうか? ◾捨てられると思って不安になったソーヤ君

飼い主さんは手袋を外そうとした時に、一緒にリードを手放してしまいます。

しかしそれには気付かずに、5~6歩進んでハッとソーヤ君がいないことに気が付きました。

慌ててリードを取りに行こうと振り向くと…







ソーヤ君の表情は「僕を捨てるの…?」と不安そうな表情になっていました。

やっぱり飼い主さんがリードを手放すと、犬も不安になってしまうんですね。

ちなみに平常時のソーヤ君と比べてみると…



全然表情が違うことがわかりますね!

数歩進んだだけでもやっぱり捨てられるの?と心配になってしまったようです。

飼い主さんも申し訳ない気持ちになったそうですが、同時に「可愛い!」と思ってしまったようです。

今回は住宅街で車通りも少なく、ソーヤ君も大人しかったので事故にならずに済みましたが、場所によっては事故の原因にもなってしまいます。

飼い主さんは、ぜひ犬の散歩の時にはリードをグッと握ることを意識していきましょう!


Leave a Reply

Your email address will not be published.