【衝撃】科学者の知識欲は底なし沼か!?動物にある「愛の正体」を知るために科学者が行ったとんでもない愛情実験10選

1: ファニーちゃん


サルの愛情実験



ウィスコンシン大学のハリー・ハーロウ教授は、子ザルの母ザルへの愛情の育み方をみるために、子ザルにミルクの出る母ザルロボットをあてがってみました。

ひとつは冷たく機械的なただのロボットで、もうひとつはふわふわと柔らかくよりサルに近いロボットです。

柔らかい母ザルロボットと一緒だった子ザルのほうが、最初からまわりの音を怖がらず、精神的に安定していたということです。

機械的な母ザルロボットと一緒だった子ザルの実験結果からは、子ザルが生まれて最初の9ヶ月を母親から離すと、感情的な絆はまったく違ったものになる場合があることがわかりました。



ラットの交尾ジャケット実験



この何とも奇妙な実験。

実は、なぜ男性がランジェリー姿の女性を好むかという疑問の説明になりそうなんです!!


ラットの交尾ジャケット実験は、次のページで↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>