【父の本音】「子育てなんて簡単」そう強がる父親の本音は、不安と戸惑いの連続だった

1: ファニーちゃん

子育ての大変さ
皆さん、お父さんとの関係は良好ですか?
一軒頑固なお父さんも、実はとってもピュアな心の持ち主だったりするのかもしれません。

今回ご紹介するのは「娘を育てるなんて簡単!」と強がるお父さんの本音を描いた物語です。
強がるお父さんの一方、戸惑いや本音を垣間見るたびにそのピュアさ感じます。

温かい親子の物語に、考えさせられるものがあります。

【以下本文】

26391056_s

この前娘が大学受けたんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えたわけですわ。

正直最初は合格発表見に行った娘の電話待つのなんて簡単だと思ってたのよ。
みんな普通に待ってるからさ。

あのね、俺が間違ってた。
あれは親が待つもんじゃない。
裏口入学者の親だね、合格確実な親だけが安心して待てるものだよ。

5415-1

最初に受話器上げる時さ、めちゃめちゃびびって受話器そろ~って握ってそのままそろ~っと耳に当てたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって戻そうとしちゃったのさ。
そしたら電話の向こうで娘がさ「ちょっとお父さん聞いて!」とか言ってんの。

同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから「どうだった?」って聞いたのさ。

えぇ、そりゃもう聞きましたとも。
全てを忘れて聞いたよ。

高1の時から決めてた第一志望だとか強気な娘は滑り止め受けてないとか…
受かってたら彼女は一人暮らしを始めると決まってる事とか色々忘れてね。
だって娘が聞けって言ったからね。

そしたらエライ事になった。

sakura3-600x400

もうすごい合格。すごい「サクラサク」。
満開過ぎて涙出てくるくらい。
遠山の金さんなら肌色が見えなくなってる。

それで横見たら鏡の中の俺がすごい勢いで涙こらえてんの。
ホントごめんなさい。

正直「いい父親なら娘との距離は適度にとるべきだぜ!」なんて見栄張らないで素直にもっともっといろんな話をしときゃよかったと思ったよ。
心の底から娘との会話が減っていた日頃の自分を恨んだね。

でも妻の実家行って義理の両親に「これで一段落ですよ!これからは少しは一人の人生楽しもうかな。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
娘よ、たまには帰ってきて下さい。

34011_m

この前娘の結婚式に出たんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘と腕を組んでバージンロードを歩いたわけですわ。

正直最初はバージンロード歩くのなんて簡単だと思ってたのよ。
みんな普通に歩いてるからさ。

あのね、俺が間違ってた。
あれは父親が歩くとこじゃない。 新郎だね、どうせ連れてっちゃうなら最初から新郎が腕組んで歩けばいいんだよ。

img4

最初に歩き始める時さ、めちゃめちゃびびって右足そろ~って踏み出して左足そろ~っと揃えたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか不安になって娘の方見たのさ。

そしたら娘がさ「お父さんしっかりして!ロボットみたいだよ」とか言うの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。

だから堂々と歩いたのさ。
えぇ、そりゃもう歩きましたとも。
全てを忘れて歩いたよ。

娘のドレス姿が眩しすぎるとか今からでも回り右してやりたいとか時折励ますように娘が組んでる手に力を入れてくるとか色々忘れてね。 だって娘がしっかりしろって言ったからね。

そんで新郎のとこに辿り着いたらエライ事になった。

baa427091914c8518b3e8bba6df0f232

もうすごいキス。すごい突然頬にキス。
しかも「私からの最後っ屁じゃ!」って囁きながら。

何だよ、それ。
俺を泣かせたいのか、笑わせたいのか、泣いてやるよ。

それで横見たら新郎がすごい神妙な顔で俺の事見てんの。
ホント幸せにしないとぶっ殺す。

正直「男なら余裕持って娘を送り出すぜ!」なんて見栄張らないで素直に新郎を10発くらいぶん殴りゃよかったと思ったよ。
心の底から笑顔で送り出した事を後悔したね。

でも式場出て娘に「お前の世話も大変だったよ!これからしばらくはお母さんとの思い出に浸るぜ。」とか言っちゃってんの。

「お母さん」でいてくれた時間が短すぎて名前で呼んだ事の方が多かったな、翠。
僕はいつも君と一緒にあの子を育ててきたつもりだ。
もう何年かしたら胸を張って君に会いに行きます。誉めて下さい

【本文ここまで】

F201312241307443881187232

お父さんの娘さんへの想い、大変伝わってきますね。

男は”強くたくましく”なんていうけど、娘さん相手では弱くなってしまうのが父親。 でも反面、大事な場面ではビシッと決めてくれるのが父親。

娘さんが最後にあげた父親へのキス。
これは投稿者さんにとってかけがえのない宝物になることでしょう。

これからは各々の道を歩むお二人ですが、どちらも幸せに包まれた毎日が遅れますように


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>