【最高の運転手】道路の真ん中で車にははねられた犬を発見、バスの運転手と乗客に世界が絶賛!

Pocket

1: ファニーちゃん

バス運転手の取った行動
車を運転していると、車にはねられた動物が倒れているのを見かけることがあります。
見かけるだけではその動物が生きているのか死んでいるのかはわかりません。

また、動物をはねてしまった人の多くは 「やっちまった!でも動物だしいいか」 こういった気持ちでそのまま車を走らせてどこかへ行ってしまう人も少なくありません。


今回は「車にはねられ道路に倒れていた犬を見かけたバスの運転手の取った行動」 をご紹介します。


バスの運転手はいつも通り業務をこなしていた時の事。

道路前方の真ん中あたりに動物のような影が目にはいりました。

運転手はすぐにバスを停め、確認するために近寄っていくと・・・。

そこには「車にはねられた犬」が横たわっていたのです。

busdog2

かなりの大怪我で瀕死の状態でしたが、まだ息がありました。

そこで運転手は「今ならまだ命が助かるかもしれない」 こう考え、すぐに救助活動に取り掛かったのです!

畳んだ段ボール箱をストレッチャー代わりにして、その上に犬を乗せると慎重にバスの社内へと運んだのです。

2-16


バスの乗客は最初は驚いていましたが、運ばれてきたのが重体の犬だと分かりすぐに納得してくれたといいます。

そして運転手はバスの乗客にこう問いかけたのです。

「このバスで動物病院へ運んであげたいんだけど…」

するとなんと!

全員が賛成したのです!


バス社内の床に横たえられた犬は乗客に見守られながら動物病院へと運ばれました。
そして医師による適切な処理が施され一命を取り留めることが出来たようです。


道路に倒れている犬を保護し、病院に連れて行く・・・。
なかなか出来る事ではないと思います。
しかし、この男性の行動により1つの命が救われました。

この男性の行動だけではなく、バスに乗車した人達も犬を病院に連れて行くことに賛成したという所に、人の暖かさを感じます。


Leave a Reply

Your email address will not be published.