【奇跡】電車の中で眠る猫を発見!Facebookへの1件の投稿が奇跡を起こす

1: ファニーちゃん

電車でスヤスヤと眠る猫
自由気ままな猫と言われていますが、もし皆さんが乗っている電車に平然と乗っている姿を見たら、誰もが驚きますよね。

そんな驚きの光景が、ドイツのとある地下鉄で目撃されました。

それは、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州を走る地下鉄の電車内での出来事で、なんとこの電車に猫が気持ち良さそうに寝ている姿が発見されたのです。

本来なら外に出してあげるべきなのかもしれませんが、座席を2つ占領してぐっすりと眠っている姿に、誰もが声をかけられないような状況となっていました。



乗客たちは、この猫がどこから乗ってきたのかはわかりませんでした。

ですがスヤスヤと眠っている姿の可愛らしさに心が癒されていたそうですが、誰も関わろうとはしなかったのです。

その猫はどんな駅に停車をしても降りる素振りを見せず、ひたすら眠っていました。

そんな中、この電車に乗ったパトリックさんは、この猫のことがどうしても気になってしまいました。

「もしこのまま電車に乗り続けていたら、この猫はどうなるのだろう…」そう思うと心配で仕方ありませんでした。

そこでパトリックさんは、ある行動に出たのです。

■Facebookが飼い主さんと猫を繋いだ!

パトリックさんは最初、猫が堂々と寝ていたため、近くに飼い主さんがいるのかと思い、辺りを見渡しましたが、飼い主さんらしい姿は見受けられませんでした。



このように隣に乗客が座っても起きることなく、座席を1つ譲ったあと再び眠りについたのです。

この様子から、人に大分慣れているとわかったパトリックさんは、「もしかしたら飼い主さんとはぐれてしまったのでは?」と思うようになりました。

そこでパトリックさんは自身のFacebookで、この猫の飼い主さんを探すことにしたのです。

彼はFacebookで…

「飼い猫がいなくなって困っている人へ。
その子は今S1線で移動中ですよ、問い合わせてみてください」


と呼びかけると、この投稿が一気に注目されていき、3万件以上のシェアがされました。



その後、この猫は1度動物保護施設で保護されたようですが、すぐに飼い主さんの元へ帰れたのだそうです。

たくさんの人がFacebookでシェアをしてくれたおかげで、今回猫ちゃんと飼い主さんは無事に再会することができました。

SNSも正しく利用していけば、このように良い結末を迎えることがあるということを改めて気付かされましたね。

猫ちゃんと飼い主さんが無事に再会することが出来て本当に良かったです!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>