【驚愕】「24年間信じてた母の味とは・・・」久しぶりに〇〇が食べたいと伝えると、予想の斜め上の展開に爆笑

1: ファニーちゃん

焼肉ピラフを久しぶりに作ってもらおうと思ったら…
子どもはいつまで経っても母親の味というのを忘れないものです。

今回一人暮らしを始めたばかりだったTwitterユーザーの早川つかさ(@hy0520_)さんは、母親が作ってくれていた「焼肉ピラフ」が食べたくなりました。

そこで先日、母親に「久しぶりにあの焼肉ピラフを食べたい!」と伝えたところ、母親から送られたのは…



母親がずっと前から作ってくれた焼肉ピラフは、まさかの冷凍食品だったのです。

でもやっぱり美味しさは変わらないようで…



こう考えると、母親の味というのは冷凍食品でも手作りでも愛情の深さは変わらないというのがわかりますね。

このやり取りを見た人たちからは…







という反応が寄せられました。

子どもとしては母親が作ってくれた料理はどんなものでも思い出に残るものです。

ふとした時に食べたくなるというのは、それだけ母親からの愛情が感じられているということなんですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>