【驚愕】「治療する気がないなら病院来るな」高額な薬を平気で捨てる高齢者に対して医者の意見に考えさせられる…

Pocket


高額な薬を平気で捨てる高齢者への意見
私たちは「国民皆保険制度」という制度によって、何かしらの医療保険に加入していなくてはなりません。

この医療保険があるからこそ、私たちは病院での治療代も安く済んでいるのです。

現在70歳未満なら医療費の3割、後期高齢者なら1割~2割が自己負担となっていますが、最近ではその医療費が全国で35兆円にもなっているんだそうです。

最近になってそれが問題視されるようになってきている中、なんと処方された薬を飲まずに平気で捨てる高齢者が増えているんだそうです。

もちろんこの薬は飲む必要があるものなのですが、この現状にTwitterユーザーが苦言を呈していました。

■薬を捨てる行為について臨床医の苦言

その内容はこちら!



今回捨てられていたのは肺がんの薬である「ジオトリフ」で、1粒なんと11,000円もする高価な薬です。

その薬をなんと1ヶ月分捨てたということで、33万円が水に流れたということになります。

そしてこの健康保険料を払うために一生懸命働いているのが今の若者なのです。

このことに腹が立ったユーザーは「治療する気がないなら病院来るな」という気持ちになったようです。

D3044A0C-615C-44E9-9D79-35EB007BE5A5-315-0000003B62D93B55

実際にこの「残薬」問題というのは全国的に問題視されているもので、これまでにも大量の薬の残薬が見つかっています。

一方高齢者の方も、色々な所で治療を受けている場合、それぞれの病院で薬を処方されてしまうので多い人で10種類もの薬を飲まなくてはならない人がいて、飲みたくなくなる人がいるのも現状です。

しかし医者は必要だと思ったから処方するものなので、無意味に飲まされるものではありません。

今回のように平気で薬を捨てる人が増えてくると。どんどん医療費の問題も拍車がかかってしまいます。

もし高齢者の方で薬を定期的に処方されている方がいたら、ぜひご家族の方で一緒にサポートしながらしっかり飲ませるようにしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.