【脅威】世界に本当に存在する凄腕スナイパー10人エピソードが凄い!

Pocket

1: ファニーちゃん


伝説となった米海兵隊のスナイパー、「カルロス・ハスコック」



ベトナム戦争時、日没後にカモフラージュで草原の中に潜んでいるとき、あやうく踏みつけられそうになったこともあったそうです。

また、毒蛇に噛まれそうになったため、狙撃ポイントを放棄したこともあったということです。

敵の司令官が野営地から現れると、胸を狙って引き金を引き、1発で命中させました。

敵兵士が彼の捜索を始めましたが、あわてて走ったりはせずに、再び匍匐前進で無事帰還を果たしています。

アメリカに帰国後は、海兵隊のスカウト・スナイパー学校の設立に尽力し、後進の指導にあたりました。



戦闘中の最長狙撃記録を持つ英近衛騎兵隊 「クレイグ・ハリソン」



2009年11月、英近衛騎兵隊のクレイグ・ハリソンは2人のタリバン兵の狙撃に成功したことで、ギネス記録を樹立しました。

狙撃距離の長さが、ギネス記録になったのです!!


クレイグ・ハリソンは、次のページで↓↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.