【頭の体操】昔流行った「ある・なしクイズ」が難問すぎると話題に!これが解けたらクイズマスター!

Pocket


難問のある・なしクイズをご紹介!
皆さんは「ある・なしクイズ」というものをやった事がありますか?

「こっちの言葉にはあるけれども、こっちの言葉にはないもの」という問題となっており、頭の体操にもピッタリなクイズですよね。

そんな「ある・なしクイズ」の中で、これは難問だというものが紹介されました。

それがこちらです。



いかがでしょうか?ヒントは書かれている漢字を1画ずつ書いてみるとわかるかもしれません。





それでは答えです!

まず「ある」の方の漢字で、「張」「議」「置」という字に注目してみてください。

漢字の画数が1画多くなっているのです。

反対に「なし」の方の漢字では、「験」「警」「導」の漢字の画数が1画少なくなっています。

そして観覧車の漢字を見てみると「覧」の字が1画足りていないので、正解は「なし」ということになります。

よく見てみないとわからない問題ですが、頭の体操にはピッタリですよね!

皆さんはこちらの問題、解くことができましたか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.