【驚愕】「麻薬王、ホアキン・グスマン」の息子がSNSに投稿している常人には理解出来ない画像15枚!

1: ファニーちゃん

麻薬王、ホアキン・グスマン
ホアキン・グスマンをご存じですか??

2015年7月、人生で二度目の脱獄に成功したことで話題となったメキシコの麻薬王、ホアキン・グスマン。

そう。グスマンはメキシコ最大の麻薬組織「シナロア・カルテル」の最高幹部なのです。

フォーブス誌はグスマンを「史上最大の麻薬王」、アメリカ合衆国連邦政府は「地球上で最も残酷で危険で恐ろしい男」だと言っています。

そんな中、大胆にもグスマンの息子たちは悪事で掴んだビッグマネーを誇示するような写真をSNSに日々公開しているのです。

彼らの桁違いの所持品と豪遊っぷりを見ていきましょう!!



ペットは虎



上の写真がホアキン・グスマン。

さて、その息子たちのペットは「愛玩」動物の範囲を超えています。

ペットは虎



もちろん、ペットだって普通ではつまらない!!

犬や猫なんて、しょせん素人のお遊び。

麻薬王の息子たちのペットは虎。

しかも、その虎が齧っているのは、グッチの靴。

お金は浴びるほどあるんだから、グッチの靴だろうが、カバンだろうが、そんなもの毎日でも買ってやる・・

まぁ、そんなところでしょうか?!



武器と携帯電話の数も半端ない



彼らの生活は、毎日命を懸けている。

こちらが襲撃するときもあれば、襲われたときには応戦しなければならない。

当然、持っている武器の数だって半端ない!!

武器と携帯電話の数も半端ない



まぁ、いくら銃社会のアメリカなどでも、車の中にこの数の銃やら薬莢があるのは尋常ではないでしょう。

そして、麻薬の取引ツールとして大切な携帯電話だって、この数。

現代のマフィアは情だけではやっていけないのです。

情報網を駆使したもの勝ち。

そうなれば当然と、パソコンや携帯の類は多くなります。

とりあえず、何でも規格外なのが、この人たちのお約束!!



スマホとお酒でこれどんなゲーム?



やっぱり、ギャングにはお酒が不可欠。

しかも、ただ飲むんじゃない。

ゲームに使ってサラリと相手を酔わす!!

スマホとお酒でこれどんなゲーム?



一体どういうシチュエーションなのか、一般人にはほとんど分かりません。

ただ、おそらくお酒がかなりキツイものであること、そしてかなり高価なものだということは、何となく画像からも伝わってきます。

しかも、スマホが山のように・・

何かのゲームの名残なのか??

このゲームが単なるお遊びであったことを祈るばかりです。



札束ジェンカ



札束は、腐るほどあります。

誰もが、一生に一度はやってみたいというヤツですね~!!

札束ジェンカ



まぁ、この札束の山だって、彼らにとってはお小遣い程度でしょう。

彼らの父親であるホアキンは、1987年から1990年のたった3年間で、コカインをアメリカに密輸して、約15億ドルの利益を上げていたといいます。

とにかく、こういった麻薬の取引で動く金額は、恐らく普通の一般人ならば、一生涯見ることもないような多額の金額なのです。

写真をよく見てください、札だって、1ドルなんかじゃありません。

20ドルですから!!



チキンレース開催中



度胸試しのためにやるチキンレース。

これに使う車だって、高級車ばかりですから!!

チキンレース開催中



まぁ、あれだけお金を持っている彼らが、車だけはフツーなんてことはありえません。

家1軒だって買うことのできるような超高級車を、しかも何台も所有しているのでしょう。

そして、乗り方だって荒い!!

真夜中のハイウェイを、周囲の迷惑などまったくお構いなしに、爆音を鳴り響かせて爆走!!



クルーザー所有



お金持ちの象徴、クルーザー。

もちろん、お父さんに頼めば余裕で買えます!!

クルーザー所有



クルーザーだって、何台も買えることでしょう。

これまた、一般人には縁遠いお話。

でも、ちょっとハイソなお金持ちの趣味という感じがするクルーザー。

麻薬王の息子もOK??なんて思ってしまいますが、世の中、お金で解決しないことなんてない!!

お金さえあれば、麻薬王だろうが何だろうが、ちゃんとハイソの仲間入りができるというわけです!!



ブツの受け渡し系?



「現場」と思われる写真を堂々とSNSに投稿するなんて、大胆!!

というか、余裕かましているんでしょうか??

ブツの受け渡し系?



まさに「その時」の写真なのでしょう。

少し、ものものしい感じが、臨場感たっぷりです!!

それにしても、こんな写真は、なるべく広まらない方がいいに違いないのに、堂々と自分たちの手でSNSに投稿しているところが、余裕!!って感じがします。

男性が背負っている大きな銃も、いかにも恐ろしい~!!



無線機



仲間との連絡に、そして取引に使用する無線機。

1つや2つでは、足りません。

無線機



これくらいは必要なのでしょう。

もちろん1つや2つでは、まったく足りません。

メキシコ最大の組織を率いていた彼らの父、ホアキン・グスマン。

当然、抱えてるメンバーの数も桁違いでしょう。

一通り装備を揃えようとすると、何でも数が必要になってくるのですね。



草?!



彼らが草の写真なんかをSNSに投稿したとしたら・・

もちろん道端に生えているる普通の草の写真ではありません!!

草?!



ただの草ではありません。

もちろん、冷凍野菜でもありません。いわゆる悪い草です。

なかなか普通には、見分けがつくものではありません。

ホアキン・グスマンは、マリファナや芥子の農園を多数所持して、地域の住民に栽培させていました。

つまり、普通の植物のように見せかけて、ブツを取引することは彼らの常套手段の1つなのでしょう。



車大好き!!



お金が唸るほどある彼ら。

高級車を、しかも相当な数、所有しています!!

車大好き!!



所有している車の台数が多すぎて、車本体は写真には納まりません。

ということで、鍵の数々をパチリとしてみました。

まぁ、これだけでもなかなか圧巻です。

そして、これらの鍵からうかがえる車のブランドも、相当なもののようです。

フェラーリなども、数台ありそうですね。

車好きの人なら、1日だけ彼らと入れ替わりたい?!



無造作に猛獣



このカワイイ写真は、ライオンの赤ちゃん。

もちろんカワイイけど、普通はあまりこういったペットを無造作に飼ったりはしませんよね??

無造作に猛獣



BMWの運転席に無造作に放たれているのは、ライオンの子供2頭です。

これくらい小さい時分なら、カワイイで済むんだけれども、彼らはどんどん大きくなりますからね。

普通の人は、飼わないでしょうし、万が一飼ったとしても、もっと厳重に管理することでしょう。

しかも、荒っぽい人間に育てられて、このライオンたちもきっと普通以上に獰猛になりそうな気がします・・



ハーレム



彼らのお楽しみは、もちろん猛獣ペットだけではありません。

女性だって、お金があれば何とでもなるのでしょう?!

ハーレム



お金があれば、女性たちもよりどりみどりです!!

しかも、スタイルの良さそうな、いかにもそそるような女性たちばかりじゃないですか~!!

これぞ、現代のハーレム。

いかにも、お金の臭いがプンプンしていますが・・

この後、どんなことが繰り広げられるのか・・はみなさんのご想像にお任せいたします・・



現金主義



少々の買い物なら、現金で即払い。

それがカッコイイのです。

現金主義



こんな感じで、現金は財布にも入れません。

そんな素人じみたケチなことはしないのです。

紐でまとめて、おしまい。

少々、お札がすり抜けたって、そんなこと気にもしない。

だって、お金なんて後から後から舞い込んでくるものだから。

そう、これが彼らの流儀!!



受け渡し現場



ブツの取引の場面は、映画などでもよく描かれますよね。

現実もあんな感じなのでしょうか??

受け渡し現場



たしかに、映画で見る光景とそっくりです。

そして当たり前と言えば当たり前ですが、結構、険しそうな山岳地帯の山奥でやっているんですね~。

もちろんアメリカの麻薬取締局も、ちゃんとこういう所にも目を光らせています。

ただ、イタチごっこになっているのが現状。

麻薬取締局による麻薬流通の阻止は、合衆国で販売される麻薬全体の1%に満たないそうです。

そう、麻薬組織だって、その道のプロですからね~。



映画のお供



映画館のお供、ポップコーン。

これは、いたって普通です。

彼らの場合、これに「ある物」が加わります。

映画のお供



そう、彼らの場合は、映画のお供はポップコーンと銃なのです。

まぁ、映画館は不特定多数の人が出入りできる場所ですから、どこから狙われてもおかしくないのです。

なんだかんだ言って、このようにいつも身の安全に神経を尖らせなければならない生活って大変そう・・

それにしても、もしいつも通っている映画館でこんな場面に遭遇したら・・

映画どころではありません!!



いかがでしたか??

2009年から2011年にかけて、フォーブス誌ではグスマンを世界でも有数の影響力を持つ人物として認定しています。

またグスマンはメキシコで10位の富豪であり、1000億円もの純資産を保有しているそう。

そうなれば、彼の息子たちだってこれくらいの豪遊はできるというもの。

ただ、物騒な存在であることは間違いありません。

羨ましいとは言えないかも・・!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>