【衝撃】事故により足を失い救助を待つ人、通行人のあるひと言により容体が急変し・・・そして


事故の状況を細かく口にしてはいけない!
Twitterユーザーのヒロトアーサー(@AirHiro0528)さんは、人命救助に関わる仕事をしている人に聞いた話を投稿しました。

その内容は本当に考えさせられるもので、皆もついやってしまいそうなことだったのです。

ある日、大きな事故に遭ってしまって片足を切断されてしまった方がいました。

通りかかった人達が止血をしながら救急隊が来るのを待っていたそうで、その間も懸命に励まし続けていたのだそうです。

しかしそこでたまたま通りかかった人の一言で悲劇が起きてしまったのです。

それは一体どのようなことだったのでしょうか?

■救急隊を待っている間に起きてしまった悲劇

事故で片足を失ってしまった人は応急処置によって止血されていました。

痛みと苦しみに耐えながらも救急隊の到着を待っていたその時、たまたま事故現場を通りかかった一般人から…

「うわ!足がちぎれてるよ…」

と大きな声で言われてしまったのです。

実は事故に遭った人は痛みや苦しみはあっても足が切断されていたことには気が付いていなかったのです。





その言葉を聞いた人はたちまちパニック状態になり、止血をして体を動かしていないはずなのに、血が止まらなくなってしまい、最終的には亡くなってしまったのです。

大声で足がちぎれていると言った人に罪はありませんし、驚きの光景を見て思わず口走ってしまったのかもしれません。

ヒロトアーサーさんは「人の言葉は物理的なダメージを与えることもある」「言葉の力は想像以上にすごい」という内容も投稿していました。

もし何かの場面で事故現場を見かけることもこれから先あるかもしれません。

ですが決して怪我の状況を細かく声に出さず、応急処置をして是非励ましてあげてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>