【衝撃】巡回中の警察官に射殺された犬、無実で無抵抗だった犬はなぜ殺されなければならなかったのか・・・

Pocket


その事件は、米国南部の住宅街を突然襲いました。

とある住宅で飼われていたブルテリアが巡回中の警官に射殺されたのです。

その犬はフロリダに住むジリアン・パラチョスさんの愛犬。

騒ぎを聞きつけた母が愛犬の変わり果てた姿を発見した時、走り去る警察官を目撃しました。

なぜ、愛犬は殺されなければならなかったのか・・・。

玄関前に設置された防犯カメラには驚愕の映像が残されていました。

何故愛犬は撃たれたのか?

玄関に設置された防犯カメラ、その映像を見た母はこう語ります。
「うちの子は、見知らぬ人が来たから知らせるために吠えただけなのよ。

それなのに、頭を拳銃で撃ち抜くなんてあんまりだわ」

愛犬は番犬として当然のことをしただけにもかかわらず、頭を3発も撃ち抜かれたのです。

みなさんもご存知かと思いますが、見知らぬ人が来ると吠える犬もいます。

たったそれだけのことで突然命を奪われてしまった愛犬。



映像にすべて残っていますので、警察も言い逃れはできない状態。

ですが、フロリダの警察の方々はコメントは控えおり、批判の嵐はやみません。

愛犬と出会ったのはドッグシェルターで、引き取ってからはきちんと躾もしてきたというジリアンさん。

なぜ、このような仕打ちを受けなければいけなかったのか・・・。

警察官に正当な罰が下ることを心から願うばかりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.