【あなたのパパです】20歳になった日、父から貰った1通の手紙に涙が止まらない

Pocket

1: にこる

父からの手紙
今回ご紹介するのは

ツイッターユーザーの「misaru@misaru48」さんが投稿したものです。

20歳の誕生日を迎えた朝、父親から1通の手紙を受け取ったのです。

その手紙の内容は
「20年前、misaruさんが生まれた次の日、20歳になった娘に書いたものだったのです」

この手紙を受け取りmisaruさんは朝から号泣してしまったといいます。



手紙の内容をここに綴ります。

二十歳になった美沙へ
今は1994年12月18日(日)です。
パパです。この手紙を書いているのは、あなたのパパです。

明後日で31才になります。
この手紙を美沙が読む頃、パパは51才になっています。

美沙は昨日17日(土)に生まれました。
女の子と聞いて嬉しかった~!!
武史と美沙、男の子と女の子でとても嬉しい!!

もう既に美沙と名まえを決めました。
ママにはさっき言った。
ママも気に入ったみたい。
美沙の「沙」は何年もかかって波で磨かれた’小さな’砂浜を連想している。

夕日を浴びた砂浜はとっても美しい「沙」となる。
長い年月を経て、美沙は美しくなっていることでしょう。
そして2014年12月17日、すぐ経ってしまいそうな日。


今日は20才ですね。


なかなか想像がつかないが、キレイな女性になっているやろうね。
今から楽しみで仕方ない。

今、ママと武史は美沙の居る、広島のおばあちゃんの家に行っているので、パパは家にひとりです。
最近出張が多いので、大変だけど、もう少ししたら広島へ行くので待っててね。

武史はおとなしい良い子なので、美沙は活発なハキハキとして子供に成長してほしいな。
パパとママの子だから、やさしい思いやりのある子になっているやろうね。

続く


次のページで!

:次のページ

Leave a Reply

Your email address will not be published.