【命をいただくという事】大好きな家族(少女)のため「命を捧げる覚悟をした牛」と、食肉加工屋の苦悩

1: にこる

命をいただく
私達が普段口にしている食べ物。
当たり前のように、何気なく食べていますが


1つの命をいただいている、という事です。


今回ご紹介するのは西日本新聞に寄せられた1つの考えさせられるお話。
内田産婦人科医院の内田美智子先生が書いた、

「いのちをいただく」という絵本のもとになったお話です。



ここから↓

坂本さんは、食肉加工センターに勤めています。
牛を殺して、お肉にする仕事です。



坂本さんはこの仕事がずっといやでした。


牛を殺す人がいなければ
牛の肉はだれも食べられません。



だから、大切な仕事だということは分かっています。
殺される牛と目が合うたびに、仕事がいやになるのです。

「いつかやめよう、いつかやめよう」と思いながら仕事をしていました。


坂本さんの子どもは、小学3年生です。
しのぶ君という男の子です。


ある日、小学校から授業参観のお知らせがありました。
これまでは、しのぶ君のお母さんが行っていたのですが

その日は用事があってどうしても行けませんでした
そこで、坂本さんが授業参観に行くことになりました。


いよいよ、参観日の当日
「しのぶは、ちゃんと手を挙げて発表できるやろうか?」

坂本さんは、期待と少しの心配を抱きながら、小学校の門をくぐりました。


授業参観は、社会科の「いろんな仕事」という授業でした。
先生が子どもたち一人一人に


「お父さん、お母さんの仕事を知っていますか?」
「どんな仕事ですか?」と尋ねていました。


しのぶ君の番になりました。

坂本さんはしのぶ君に、自分の仕事についてあまり話したことがありませんでした。

何と答えるのだろうと不安に思っていると
しのぶ君は、小さい声で言いました。

「肉屋です。普通の肉屋です」

坂本さんは「そうかぁ」とつぶやきました。

坂本さんが家で新聞を読んでいると
しのぶ君が帰ってきました。

「お父さんが仕事ばせんと、みんなが肉ば食べれんとやね」

何で急にそんなことを言い出すのだろうと坂本さんが不思議に思って聞き返すと、

しのぶ君は学校の帰り際に
担任の先生に呼び止められてこう言われたというのです。


先生「坂本、何でお父さんの仕事ば普通の肉屋て言うたとや?」


しのぶ君「ばってん、カッコわるかもん。一回、見たことがあるばってん、血のいっぱいついてからカッコわるかもん…」

「坂本、おまえのお父さんが仕事ばせんと
先生も、坂本も、校長先生も、
会社の社長さんも肉ば食べれんとぞ。すごか仕事ぞ」



しのぶ君は学校であった経緯をそこまで一気にしゃべり、最後に、
「お父さんの仕事はすごかとやね!」と言いました。

その言葉を聞いて、坂本さんは
もう少し仕事を続けようかなと思いました。



ある日、一日の仕事を終えた坂本さんが事務所で休んでいると、一台のトラックが食肉加工センターの門をくぐってきました。

荷台には、明日、殺される予定の牛が積まれていました。

坂本さんが「明日の牛ばいねぇ…」と思って見ていると、
助手席から十歳くらいの女の子が飛び降りてきました。

そして、そのままトラックの荷台に上がっていきました。

坂本さんは「危なかねぇ…」と思って見ていましたが、しばらくたっても降りてこないので、心配になってトラックに近づいてみました。

すると、女の子が牛に話しかけている声が聞こえてきました。


「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ…」

「みいちゃんが肉にならんとお正月が来んて、じいちゃんの言わすけん、
みいちゃんば売らんと、この子にお年玉も、クリスマスプレゼントも買ってやれん

みいちゃんば売らんとみんなが暮らせんけん。
ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ…」



そう言いながら、一生懸命に牛のお腹をさすっていました。
坂本さんは「見なきゃよかった」と思いました。

トラックの運転席から女の子のおじいちゃんが降りてきて、坂本さんに頭を下げました。

「坂本さん、みいちゃんは、この子と一緒に育ちました。
だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。

明日は、どうぞ、よろしくお願いします」


坂本さんは、「この仕事はやめよう。もうできん」と思いました。


そして思いついたのが、明日の仕事を休むことでした。
坂本さんは、家に帰り、みいちゃんと女の子のことをしのぶ君に話しました。

「お父さんは、みいちゃんを殺すことはできんけん、明日は仕事を休もうと思っとる…」

そう言うと、しのぶ君は「ふ~ん…」と言ってしばらく黙った後、テレビに目を移しました。

その夜、いつものように坂本さんは、しのぶ君と一緒にお風呂に入りました。
しのぶ君は坂本さんの背中を流しながら言いました。


「お父さん、やっぱりお父さんがしてやった方がよかよ。

心の無か人がしたら、牛が苦しむけん。お父さんがしてやんなっせ」



坂本さんは黙って聞いていましたが、それでも決心は変わりませんでした。

朝、坂本さんは、しのぶ君が小学校に出かけるのを待っていました。
「行ってくるけん!」元気な声と扉を開ける音がしました。


その直後、玄関がまた開いて
「お父さん、今日は行かなんよ!わかった?」としのぶ君が叫んでいます。

坂本さんは思わず、
「おう、わかった」と答えてしまいました。

その声を聞くとしのぶ君は
「行ってきまーす!」と走って学校に向かいました。

「あ~あ、子どもと約束したけん、行かなねぇ」とお母さん。

坂本さんは、渋い顔をしながら、仕事へと出かけました。
会社に着いても気が重くてしかたがありませんでした。
少し早く着いたのでみいちゃんをそっと見に行きました。

牛舎に入ると、みいちゃんは、他の牛がするように角を下げて、
坂本さんを威嚇するようなポーズをとりました。

坂本さんは迷いましたが、そっと手を出すと、最初は威嚇していたみいちゃんも、
しだいに坂本さんの手をくんくんと嗅ぐようになりました。


坂本さんが、
「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんと、みんなが困るけん。ごめんよう…」

と言うと、みいちゃんは、坂本さんに首をこすり付けてきました。
それから、坂本さんは、女の子がしていたようにお腹をさすりながら、

「みいちゃん、じっとしとけよ。動いたら急所をはずすけん、そしたら余計苦しかけん、じっとしとけよ。じっとしとけよ」

と言い聞かせました。

牛を殺し解体する、その時が来ました。

坂本さんが、
「じっとしとけよ、みいちゃんじっとしとけよ」

と言うと、みいちゃんは、ちょっとも動きませんでした。

その時、みいちゃんの大きな目から涙がこぼれ落ちてきました。

坂本さんは、牛が泣くのを初めて見ました。

そして、坂本さんが、ピストルのような道具を頭に当てると、
みいちゃんは崩れるように倒れ、少しも動くことはありませんでした。

普通は、牛が何かを察して頭を振るので、
急所から少しずれることがよくあり、
倒れた後に大暴れするそうです。

次の日、おじいちゃんが食肉加工センターにやって来て、
坂本さんにしみじみとこう言いました。

「坂本さんありがとうございました。昨日、あの肉は少しもらって帰って、みんなで食べました。

孫は泣いて食べませんでしたが、
『みいちゃんのおかげでみんなが暮らせるとぞ。食べてやれ。みいちゃんにありがとうと 言うて食べてやらな、みいちゃんがかわいそうかろ?食べてやんなっせ。』

って言うたら、

孫は泣きながら、
『みいちゃんいただきます。おいしかぁ、おいしかぁ。』

て言うて食べました。ありがとうございました」

坂本さんは、もう少しこの仕事を続けようと思いました。

ここまで↑



私達がいつも口にしているもの、命をいただく事に対しての思い。

お肉を食べて
「美味しい、ありがとう!」

お野菜を食べて
「美味しい、ありがとう!」

お肉を食べて
「まずい、嫌い」

お野菜を食べて
「まずい、嫌い」

色々な思いがあるかもしれません、しかし、

食べ物をいただく時、そこに尊い命があった事を私達は忘れてはいけません。

命を捧げてくれた動植物に、命を育んでくれた人達に、美味しく調理してくれる人達。

全てに感謝して、毎日美味しいものが食べれることに感謝して

「いただきます」「美味しい」「ありがとう」「ご馳走様でした」

この言葉を自然に言える人にならないといけませんし、

子供にもそういった教育をしなければなりません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>