【怒り】ボールのように腫れあがった顔のピットブル・・・。原因は飼い主からのネグレイトや虐待によるものだった・・・

Pocket

1: ファニーちゃん

ボールのように腫れた顔の犬
イタリアの海岸沿いの街サルディーニャで、1匹のピットブルが保護されました。

保護されたピットブルの顔の大きさはボールのように腫れあがっていたのです。

動物病院へ搬送され、獣医に引き渡されました。

この犬の顔の状態を見た時は獣医も驚いてしまったそうです。

原因を調べるために犬の首元を確認すると、なんと!ナイロン製の紐ががっちりと食い込んでいる状態で、首の肉からは血が出ていました・・・。

子犬の頃に、首輪代わりにナイロン紐を巻きつけられていたのでしょうね。

成長するとナイロンの紐がキツくなり、首が強く締め付けられていたのかもしれません。



締め付けによって、頭部への血流が悪くなってしまい、顔がパンパンにむくんでしまったのです。

獣医は、犬に「パッラ」と名付け治療を開始しました。



レントゲンを撮ると、紐は皮膚だけではなく筋肉にまで食い込んでいることがわかりました・・・。

重症の組織繊維症を起こしていました。

パッラは、相当な痛みに耐えながら成長していたのかもしれません。

治療開始から5ヶ月が経った頃には、パッラの顔の腫れが引いて元の可愛らしい姿を取り戻していました。

今では動物病院に来る人達の人気者になっていました。



Facebookでは次のように投稿されていました。

「パッラは今もそしてこれからも、人間の愚かさや思いやりのなさ、

そして上辺だけの罪悪感を実感させるための象徴となっていくことでしょう。」

「私たちは毎日、傷つき、痩せ衰えた上に見捨てられた犬たちの世話をしており、

これまで5年間で約1,000匹もの動物を里親さんに引き渡しましたが、

里親に渡せるほどに回復していない犬もたくさんいるのが現状です。」


投稿を見た人からは、パッラの健康状態を心配して寄付を申し出る人も多かったようです。



パッラのニュースはイタリア国内で大きく報道されたそうです。

動物虐待の現実について改めて注目されました。

パッラの里親になりたいと希望する人や、オモチャや日用品を送ってくれる人もいるそうです。

動物への、虐待が無くなることを心から願うばかりです。



Leave a Reply

Your email address will not be published.