【大絶賛】「お客様は神様じゃねえのか!」病院で騒ぎ立てていた老人に「主治医が言った一言」に凍りつく

Pocket

1: ファニーちゃん

わがままな高齢者を一発で黙らせた一言
日本の医療は皆保険制度も含め、世界一といわれる事もあります。

それはほぼ全ての医療機関で「適切な診療・治療」が施されている事、設備の事等全てを総合し、そういった評価を受けています。

しかし、大勢の人が通い詰める病院には色々な人がやってきます。

その中にはクレームを言ってくるような人も少なからずいるようです。



今回ご紹介するのはツイッターで注目された、「病院でのお話」です。

ある高齢患者が、医療スタッフの対応に不満を感じたのか

「お客様は神様じゃねえのか!」

とクレームを言ってきたようです。

これに対して医者、主治医が言った言葉が賞賛を浴びています。

そもそも病院に関しては

「患者」であって「客」ではないのですが、それを履き違える人が非常に多く感じます。

こちらがそのツイート


「お客様は神様じゃねえのか!」

の言葉に対して主治医が言った言葉、それは

「その神様が仏になるのが病院ですよ」

これには皆黙るしかありません。

この医者のすごい所は、言葉も勿論ですが

「優しく微笑みながら「仏」という言葉を使った」事。

自分の体をしっかりと向き合わないと命を落とす事もありますよ、と諭しているのですね。

病院という死が身近にある場所だと不謹慎かとも思いますが、

周りいる他の患者さんや、対応しているスタッフの事を考えると素晴らしい行動ともいえます。

このツイートをみた人はこんなコメントを寄せています。










病院は人が非常におおく集まる場所である事から、毎日色々なエピソードが発生しているようですね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.